香水レシピ

トップ > 香りと野草 > 香水レシピ > 闇落ち浄化の香水

闇落ち浄化の香水 5ml

闇落ち浄化の香水

コメント

本当に嫌な事があってこの世の終わりだ・・・しにたい・・・
って思った時に作った5ml香水です。
闇落ちしそうになったら、これで辛すぎる気持ちを溶かしてしまおう・・・
今回の香水は低い濃度ではありますが、サフロールを含むイエローカンファーのクスノキ精油を使っておりますのでご注意ください。
使ったクスノキ精油自体は比較的安全なものです。(Waccaのクスノキ精油)
他のブランドにもクスノキはあるんですけど、サフロールを抜いた安全なホワイトカンファーなので、香りが変わってきます。

香りの特徴

クスノキのレモンのようなすぅっとした爽やかさを持ち、
コーヒーの香りで、落ち着いたまったりとした香りを出しています。
暗いこころを溶かして軽くし、どっしりした気持ちを興させてくれます。

材料

ガラスアトマイザー
【生活の木】
容量5ml
無水エタノール
【健栄製薬】
4ml
ミネラルウォーター
【アサヒ アルカリイオンの水】
1ml
精油
(クスノキのみ特定ブランド必須)
20滴
 

精油内約

クスノキ
【Wacca】
3滴
ユーカリ・ラディアータ
【生活の木】
3滴
ローレル
【生活の木】
2滴
コーヒー
【Naturas Psychos】
2滴
ラベンダー
【美健 PREVAIL】
7滴
パチュリ
【Aroma Bloom】
3滴

【香水の共通の作り方】

1・消毒した清潔な容器に、用意した「無水エタノール」を入れる。
2・用意した「精油」をあらかじめ決めた分だけ入れる。
3・いちどフタを閉め、よく振って混ぜる。
4・最後に「精製水」か「ミネラルウォーター」を入れ、よく振って混ぜる。
5・完成!

ちゅうい

※ 1と2の手順は前後してもかまいません。
※ 作った直後に熱反応が出て少し温かくなりますが、大丈夫です。
※ 作ってすぐはエタノール臭が強いです。
  日が経つにつれて、エタノールと精油が混ざり、香りが落ち着いてきます。
※ 容器は精油の成分で溶ける心配のないガラス製が安心です。
  プラスチック容器だと使用した精油によっては溶けてしまう事があります。
※ 使う時は服やハンカチなどに含ませて、肌に触れないようにしましょう。

▲ページトップへ