香水レシピ

トップ > 香りと野草 > 香水レシピ > 梅の香水

梅の香水 4ml

梅の香水

コメント

梅の香りがかぎたい!と思って作った4ml香水です。
いつも香水を作るときは、高い濃度の20%台で作るのですが、梅の香りのキーポイントであるクローブの香りがけっこう強いので、弱めの方がふわっと香る花らしさがあると思い、少し弱めの15%で作りました。
ジャスミン精油があれば作りやすいみたいですが、なかったので手持ちの精油でなんとかしました。

香りの特徴

花の甘い香りにツンとしたシャープでスパイシーな香り。
甘い香りが優しく緊張をほぐしつつ、
ツンとした香りが意識をクリアにして、やる気を引き出してくれる。

材料

ガラスアトマイザー
【生活の木】
容量5ml
無水エタノール
【健栄製薬】
3ml
ミネラルウォーター
【アサヒ アルカリイオンの水】
1ml
精油
どこのブランドでも
12滴
 

精油内約

ベンゾイン
【Aroma Bloom】
3滴
ローズアブソリュート
【Naturas Psychos】
2滴
クローブ
【生活の木】
2滴
ラベンダー
【美健 PREVAIL】
5滴

【香水の共通の作り方】

1・消毒した清潔な容器に、用意した「無水エタノール」を入れる。
2・用意した「精油」をあらかじめ決めた分だけ入れる。
3・いちどフタを閉め、よく振って混ぜる。
4・最後に「精製水」か「ミネラルウォーター」を入れ、よく振って混ぜる。
5・完成!

ちゅうい

※ 1と2の手順は前後してもかまいません。
※ 作った直後に熱反応が出て少し温かくなりますが、大丈夫です。
※ 作ってすぐはエタノール臭が強いです。
  日が経つにつれて、エタノールと精油が混ざり、香りが落ち着いてきます。
※ 容器は精油の成分で溶ける心配のないガラス製が安心です。
  プラスチック容器だと使用した精油によっては溶けてしまう事があります。
※ 使う時は服やハンカチなどに含ませて、肌に触れないようにしましょう。

▲ページトップへ