手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

夢うさぎ
アロマの学びメモ2020年03月08日 

ちょっと勉強というかアウトプットしたい事があるのでメモです。
自分がアロマで何をしたいかって事をわりと長い事考えてるんだけど、

第一に、自分に対する癒し
第二に、好きな香りを趣味として楽しむ
第三に、身近な人の助けになれば

なので完全に自分第一、だけど、好きな事って自分が好きなのが第一なので当たり前なんですよね。
アロマの用途って、香りを単純に楽しむ以外に最も有名なのが健康に役立てる事です。
でも健康に役立てるにあたって、覚える事がかなりたくさんある。
医療と違ってそこまで難しくはないものの、人体に使う以上は精油の希釈度の限界値などは絶対に守らなきゃいけないし、禁忌もたくさんある。

最も敷居が低いのが、肌に使わない空気清浄や、単純に鼻で香りを楽しむことです。
掃除などの除菌や汚れ落とし、部屋や衣類の除菌消臭、アロマディフューザーなど。
化粧水とかハンドクリームとか軟膏クリームとか、
いろいろ作れるようになったけど、自分はあまり使わなかったので、作る時は日焼け、汗のケアが必要な夏季のみになりました。
普段は香りをブレンドする香油がメインに。
アロマのオイルマッサージも軽くできるけど、自分には時間がないからやらなくて、たまに家族にやる程度にしてます。

自分としては、香りのブレンドの勉強がしたい。
こっちの香りを楽しむ方を重視したいなぁと思うようになってました。
そう思ったけど、アロマは一般の香水とは香料の質が全く違うし、アロマには香りの強さのブレンドファクターもあるからややこしく感じていました。
ちょっと勉強して整理できたことを忘れないようにメモしておきます0(:3 )~ _(‘、3」 ∠ )_

香調デザインの事を調べていると香水の話はやっぱり出てくるのですが、
よく出てくるワードが『賦香率(ふこうりつ)』。
アロマの本にはあまりなじみがない言葉な気がします・・・
でも、アロマのそういう専門書を買えば書いてあるのかもしれないですね。
というのも、この言葉は基本的に「合成香料の香水作り」で使われてる言葉。
アロマ香水の事を調べたら一緒に出てきたので、香水の事と言えば当然かもしれないですね。

自分の中でごちゃついたのが、アロマにある
『ブレンドファクター』と『希釈濃度』との関係。
整理したらなんてことなかったのですが、『賦香率』をアロマに対応させると、どういう意味・役割になるのかがモヤりました。
以下自分の解釈メモ。


・賦香率とは、『アルコール(基材)に溶かした香料の割合』の事。
・アロマでは『希釈濃度』と言って良いかもしれない
・『ブレンドファクター』とは『精油ごとの香りの強さ』
・『精油の限界量』がある(成分による刺激を考慮するため)

★『賦香率』=『希釈濃度』と考えて良い。
よってアロマ香水作りをする場合、『ブレンドファクター』『限界量』を考慮すれば良い。
変に「賦香率」という言葉を気にしなくて良い。
逆に希釈濃度という言葉を「賦香率」に置き換えても良い。


あああすっきりした!!!
香水を作る時は、希釈濃度25%で作っていたのですが、
これを「賦香率25%」のパルファムを作っていた、という事で良いんですね。
香油の場合は賦香率50%まで可になっていたのでビビりましたが、
しばらく使っていてよくわかったのですが、香水に比べて香油は
香り立ちがかなり穏やかなので、きっと50%で香水並みに香るのでしょう。
一度作ってみたいですね。

というか、プロの方が作った香油を買ってびっくりしたのですが、
自分が作った賦香率25%の香油よりはるかに香りが強かったので、何で???ってなってました。
単純にきっと濃度が高いだけなんですね・・・。笑
とりあえず今までの作り方で、ブレンドファクターと限界量に注意して作っていこうと思います。
ああぁ一度は香りの体験教室行きてぇ・・・

香り作って誰かの癒しになったらいいなってのを考えてます。
キャラの香油作って出したいし0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_

流夢
落ち着いて2020年03月03日 

最近の夢の傾向見てると、逃げ隠れする夢が昔に比べて激減していて、
何か切羽詰まってるような夢でも、自分で行動している事が多い。
いじわるされてる夢を見ても、相手の頬をつねったりしてやり返してる(地味)
昔なら本当に逃げてばかりだったから、本当にびっくりしてる。
もしかして頑張る時のチュートリアルなのかなって思えてきた・・・
夢の中で男の子に助けてもらうってことは、まだ力が足りないんだろうし、理想としては力を合わせてバランスよくなりたいよね。
できるのかなぁ。

今日は、にじみ出てきた闇を男の子が体を張って抑え込んでる夢でした。
かなり疲労していたし、これは私が怖いと思ってしまう事が多いから起きてしまう事で、任せっぱなしですごく申し訳なかった。
怖いって思うとすごく視野と思考が狭くなる。本当に邪魔だ。
人は怖くないって思う事が大事なのはすごくよくわかるんだけど、なかなかできない。難しい。
昨日の夢でも、孤独に秘密を抱えて誰にも言えなくて危機感がすごかったし、たぶん人に相談したり、正しく甘える事を考えなきゃいけないんだと思う。
堕落するだけの甘えは本当に堕落していくし、身に覚えがあるので良くないですけど((

でもこの辺の悩みって自分の人生をかけた悩みで、ずっと悩んでる事で、かなり厄介なんだと思います。
そう思ってる時点で自分で難しくしてしまっているなという気もするんですが、これはもう勇気を出して知らない領域に少しずつ冒険して、恐怖を克服していくしかないです。
ほんと、しばらくはもう一度頑張るチュートリアルの夢が続くかもしれませんね。

そういえばコロナウイルス流行ってますが、みんな大丈夫ですかね・・・
アロマにも抗ウイルス作用があるものがあるので、興味があったらこの機会にと思ってしまいます。
(ティーツリー・ベルガモット・ユーカリなど)
ウイルス対策で騒いでるわりに、アロマはほとんど話題に出ないのが不思議だなぁと。
かといって買い占め事件をよく見かけるので、話題になりすぎて精油がなくなるってなる気がするのもすごく悲しいですけどね・・・
精油は貴重なんやで・・・
3mlがひと瓶あれば使い方によっては数か月持ちますから、
もし広まるならそういう情報も固く広まったらなぁと願いたい(´・ω・`)

流夢
安心の香り2020年02月28日 

リアル事情でなんかあってメンタルおっこちてるんですけど、
お守りで作った流夢くんイメージの優しい香油が役に立ってます・・・

レシピメモしときます。
そろそろページにも追加したいものです。

ホホバオイル10ml
チュベローズ10
ラベンダー10
サンダルウッド10
ベンゾイン4
オークモス5
ジャーマンカモミール1

チュベローズは別名「月下香」で、月夜に香りが強くなる花の香りです。
ほんとにやさしくふわっと香るので、ストレスの多い自分にはぴったりすぎです。
緊張しすぎてしまうので、仕事とか集中力がいる場面でも丁度いいです。
柑橘系はどうしてもツンとした印象が出てしまうので、入れたかったけどやめました(’ω’)
あと、ラベンダーはナチュラルサイコスのものじゃないとダメかもです。
石鹸のようなさわやかな香り立ちの、このラベンダーでないと、今回みたいななめらかな香りになれなかったかも。
他のはスパイシーさがあって印象違います。

最初の香り立ちは香水にも負けない良い香りです。作ってよかった。
チュベローズがものすごく高価な香りなんだなってよくわかります。
単体だとイランイランと似てる香りだったんですが、やっぱりブレンドするとかなり違いますね。
たぶんジャスミンでも代用できるんですが、また香り試してみたいな。

ほんと今なんかしんどい・・・いろいろ描きたいのに・・・(´・ω・`)
あっ流夢くんのイラスト集第2段ができたので、次のイベントから持って行きます。
3月のイベントが終わったら、BOOTHでも出そうかなと思っています。