手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

亨とひすい
人間の世界と2019年10月06日 

ちょっと個人的で辛気臭い自然と人間の話です。

あんまりこういう事ばっかり言ってるとあれだけど
疲れすぎて力尽きてます0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
暑さとか気温差が~~~~ひえ~~~~~

人の世界ってそりゃもう今でも生きづらいなぁって感じているんですが、
いろいろ興味持った事に挑戦しても、その先に必ずあるのが「人間社会」で、
なんかそれが見えると急に嫌になってきてしまうのがしんどいなぁと感じています。

たとえばアロマが好きで、勉強を続けていると、やっぱり人に役の立つ事なので、人間社会でどう使えるか、という話も出てきます。
それを続けて勉強してみると、人間が好きじゃないと仕事にできない事が分かる。
仕事にしなくても、だんだん人間が植物を大量消費して精油を作ってるんだなぁとなんか寂しくなって、気軽に使えるものでもないな、と感じています。
感謝して使わないとなぁという気持ちに。
勉強したからこそ分かる事だけど、こんなアロマという学問が発展してしまうほど人間は自然から離れているんだなと実感しました。
あと、これはもうほんとに個人的な事ですが、
いろんなアロマのメーカーがありますが、その時点で「人間の欲」が垣間見える気がして、なんか違和感を感じる事があります。
こんなにアロマメーカーいるかな・・・・って。
勉強不足で勘違いかもしれないけど・・
とにかく、精油を買う時はそういう植物を大量消費して作っているんだ、
というのがすごく頭によぎって、覚悟して買ってしまうようになってしまった。
良い香りというのは、植物、あるいは動物から得ている貴重なものと、もっと認識されたらな。

天然石も、自分が愛用しているのはほぼ水晶のみですが、石は子供の頃から好きです。
道に落ちてる石を広いまくって、ポケットを砂だらけにして怒られてたくらい。笑
アクセサリーとして加工されたものなどはほとんど持っていません。
加工されたものに興味が持てなくて、人からもらう以外は本当にあまり持ってないです。
基本はダウジング用の水晶ペンデュラムと、未加工の水晶のかけら2つしか使ってない。
天然石は金運アップとかいろいろ効果があるようなことをよく見かけるのですが、全然よくわかってないです。
あれはどういう理屈でそう言われているのか分からないので、そういう本を一度読んでみたいなぁと思います。
(水晶だけはホントに邪気を吸い取ってくれてると思い込んでて助けられてるので大好き)

天然石アクセサリーのお店はなんか苦手で、完全な偏見だからすごい申し訳ないけど、
そこも「人間の欲」が見えてなんかつらいです。
アクセサリーとして売ってるところを見ると目がチカチカして、あんまり長くいられない。
そしてそれを買う人もいる。良いと思うから買うんだもの。当たり前です。
でも自分はなんで良いと思うのか全然分からなくて、石単体を見るだけならそんなことはないのに、不思議です。
仮に買って身に着けるにしても、絶対に効果の理由を知りたいし、あくまでも補助なので、明確な目的ができないと買わないだろうなと思います。
なんとなくで買って石に無責任なパワーを求めると
なんだか自然に失礼だなと感じる頭の固い人です0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
特別なのは、人から贈られると、贈り物という人のこころがこもるので、すごく嬉しいと感じる事ですね。

これらの事を言っているとキリがないのですが、特にアロマと天然石は、
自然への感謝をしっかり考えないといけないなぁと思ってしまいました。
アロマは大量の植物から少ししか採れない。
天然石は絶対に有限でいつかなくなる。それがなんか寂しい。
だから本当に必要なところで正しく使える知識が欲しいなぁと感じています。

人間の欲って、あって当たり前なんですけど、時々しんどく見えて辛いです。
自分もそりゃ欲深いからこんないろんな事に興味をもってしまうし、欲がなければ動けない。
でもなぁ。やっぱり自然が好きだから、なんでこうも「人間社会」中心のもので
自然を脅かしてるものが多いんだろうなぁと時々切なくなる。

話が変わるけど、亨くんもその「人間社会」中心の肩身の狭い世界で生きるキャラ。
死体とかって、本当に植物の中だとけっこうにおいもなくなるそうで、
それは植物から発生している精油の芳香成分、つまりアロマの力も少なからずある。
亨くんは山の中での生活で、自然に感謝してもしきれていないと思います。
人間社会の、人間の作った町の中だとそうはいかない。植物が減ってしまうから。
浄化の力がずっと働く自然ってすごいなって思います。
みんながそういう所に感謝していたら、平和になるところが増えるだろうなぁと、ふわわ~っと考えてしまいます。

こういう事考えてるから商売向きじゃなくて上手く世渡りできないんですよね。
人間社会。むずかしすぎる。風になりてぇ

亨
登校だ2019年09月01日 

夏休みが終わったからガッサガッサ森を抜けて登校です。
なんか食べてる・・・シキミの葉かな((

まだ懲りずにシキミの香り改善できないか試行錯誤してるんですが、
以前は持ってなかったオークモスを手に入れたので、それがやたら生乾きのシキミの香りに似ていたので、ちょっと近くなった。
でもまだ足りない・・・もうやっぱシキミはシキミだね・・・
生からドライまでの間に香りの雰囲気がどんどん変わっていく。
とりあえず雰囲気は生乾きやモイストポプリにだいぶ近いので、また原液を薄めたりしたら雰囲気変わりそうです。

ブレンドメモをしときます・・・また使うかもしれない。
めっちゃくちゃです0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_

・オークモス5
・フランキンセンス 6
・クローブ 3
・ホーリーフ 5

・ローズ2
・クラリセージ2
・トンカビーンズ 2

・ローレルリーフ 1
・スターアニス1

ローレルリーフはいるかどうか迷うけど、
他はたぶんなくなったら香り変わっちゃいます。
かなり複雑になってる・・・こんなにいるのかしら・・・

亨
なつやすみ2019年08月09日 

ふもとの山のおじいちゃんからスイカ貰ってシャリシャリ食べてたらいいな。
暑いですね・・・今日からお盆休みで少しハイになってます。

成熟中のシキミモイストポプリの香りをかいでいたら、
あれ?これあの精油で再現できないか?っていう香りに思えてきて、
実際にリベンジチャレンジしてみた。

・クローブ 1
・フランキンセンス 2
・ホーリーフ 1
・トンカビーンズ 1

以前作ったと時はトンカビーンズとクローブがなかったかな。
クローブは買ってすぐは使いこなせなくて、シキミの成分にも含まれてるオイゲノールを良い感じに出せなかった・・・
梅の香り香水作ってからクローブって素晴らしいなって気付いて、今はけっこう使う。

シキミってほんとに形容しがたい香りなんですよね・・・
キーポイントは、

「レモンのような香り」
「ちょっとツンとする」
「うっとりする甘さも少し含む」
「こもるようなパウダリーな香り」

なんですよね。
バランスよく混ぜるの難しそう・・・

シキミの香りの雰囲気に一番違いのが「ホーリーフ」だったので、これをベースに足りない部分を。
レモンのような香り「フランキンセンス」
ちょっとツンとする「クローブ」
うっとりする甘さ「クローブ」「トンカビーンズ」
こもるようなパウダリーな香り「トンカビーンズ」
これでモイストポプリのシキミの方にはかなり雰囲気が似ました。ひええ・・・
本物よりちょっと甘さが強いかもしれないけど、まぁ、仕方ない。
前はうっとりする甘さ、に苦戦して、ローズ入れたり試行錯誤したけど結局納得いかなかった。
ローズだと優しすぎ、温かすぎるんよね・・・

乾燥シキミはまた少し香りが違ってきて、こっちは本当に難しい。
どっちかというと亨くんの生活臭としては乾燥シキミの方です。
甘いのに、すぅ~・・・とシャープな香りが沁み込んで、すとん、と落ち着く香り。
うっとりします。うっとりしながら永眠しそうな香り(?)
そんな香りを、東家は家中にばらまいて、死臭を消す0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
服とかも砕いた乾燥シキミに埋もれさせてる。

生葉はまだフレッシュで、甘さが強い。
亨くんは死体食べるし、死臭消しの意味合いでもシキミの実と葉をもりもり食べる。
本当はどんな味がするのか食べたいけど!!!毒だから!!!諦めます!!!
朝いってきま~すのついでに生の葉っぱ取って食べながら登校とか普通にしてる。
モイストポプリは、生の状態の香りに近いから、それに近い香りができたということは、
亨くんのおやつの香りということでよろしいか?(なんで疑問形)
乾燥シキミと比べて甘いので、永眠はしないで普通に気分が高揚しそうです。
せっかくブレンドレシピができたから、安全なハーブでドライポプリで作りたいなぁ。