手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

歪御
おなかもすく2019年06月18日 

早く原稿なんかやめて俺に食事させてくれよ(悪魔のささやき)
7月になっちゃうけど待っててくださいごめんなさい歪御さま0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
っていうか原稿中に妄想してラフ描いてる時点でだいぶ怠けてる。

お話ってラフが描けた時点でもう自分の中では完成なので、ほんとに色塗りとかって作業ですね・・・
嫌いじゃないんですが、早く完成させたくてうずうずします。
焦るからダメってのもありますね自分は(´・ω・`)
自分のラフって信じられないほど汚い絵なので、スラスラと簡素でもきれいな漫画描く方ほんとにすごいなって思いますよ・・・

なんか自分て「恐怖」というものが大好きなんですが(娯楽として)
ほんとなんでかなーって思いますね。
あ、ただ、人それぞれ、自分自身と向き合うこころの恐怖は好きです。
人に責められたりとか物理的に痛めつけられるってのはホントに怖くて絶対嫌ですけど、
自分自身のこころの弱さからくる恐怖ってのは、かなり好きです。
自分でも、自分でこころの闇と向き合うのが、夢分析初めてからは楽しくてしゃあないです。
夢って本当に丁寧に自分の闇を見せてくれるので、FUUUUUU!!!!ってテンションあがって喜んで克服しようと思えます。笑
自分の闇との向き合うのも最近は夢のおかげで娯楽気味です。
自分のこころを整理できて一石二鳥(’ω’)

あと、ホラーは好きなんですけど、ああいう黒の少年みたいな絵を
描いておいてなんですけどグロは実写の流血だけ苦手です。笑
血圧計とかで自分の血を止められるのすら気持ち悪くて無理で、たぶんそういうの分かっちゃうからリアルに感じて怖いんだろなって思います。
貧血気味だから血取らないで・・・
他のだいたいのホラーがあまり怖くないと思うのは、自分に霊感もなくて、そういう怖い経験もなくて、リアルに感じないからだと思います。
ホラーとは違うけど、パワハラやいじめ系とかの生きてる人間のえげつないこころの描写は本気で怖いと思います。
そういう作品を見たいとも思いません・・・
私身近に感じていましたし、本当の怖さを身をもって知ってるから怖いのだなと思います。
おばけのホラーなんかよりずーーーーっと怖いです。
生きてる人間が!!!一番こわい!!!

ので、おばけが怖いのが一番安心です。
ころされてもおばけだから仕方ないってなります(極端)
歪御さまみたいなおばけが居たら信者になりそうなので危ないですね0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
歪御さまは弱いこころにつけこんで怖がらすので、芯のある強いこころの人間はあきらめます。
よくある悪魔的なもののけですね。きゃわいい。

8年くらい前の自分の見た夢が歪御さまの元ネタでもあるので、いつか夢分析ページで書きたいなぁと思います。
今読むと割と当時の自分にピッタリのお守りの夢だったよ・・・

亨くん
山っていいな2019年03月02日 

亨くんには山に入れる憧れを投影しちゃってるとこもあります。

自分の夢ではたくさん出てくる山の景色ですが、
以前、家に戻る途中で美しい林を通る夢を見たことがありました。
こもれびや川の音が本当にきれいで、夢の中でも空気がきれいだなと思っていました。
その場所を思い出す夢を見たのが、今回で3回目になります。
3回目にもなるとちょっと気になります。笑

昨日はその夢を見て、起きた瞬間は本当に実在する場所だと思い込んで、時間ができたら行きたいな、と思ってしまったほど、夢と区別がついてませんでした。0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
よく考えたらどこにもそんな道なくない?と気づいて、ちょっと寂しい。
急に自然の景色が恋しくなりました。
とにかく、「また行きたいな」と思っているのに、行けない場所の夢だというのは分かりました。
だって、実在しないんだもの・・・

実在しないのに、起きてしばらくはあると思い込んでいた。
最初にこの美しい林を通った夢は、いつ見た夢なのか覚えていないのですが、たぶんこころを病んでいた頃。
家に帰る通過点で通った林なので、現実に置き換えるなら・・・
こころの病みを治す通過点のことだったのかな。
この時はよく一人で山に入っていたので、夢ほど明るくはなくとも、雰囲気は似ています。
川があり、空気がきれいで、美しい場所。
当時の自分には、夢のように落ち着く場所だったと思います。
それで、また行きたいけど、行けないというところ。
現在は、その山は普通に危ないという意識が出てきて、行けないでいます。
そう、一人で入るにはちょっと危ないところでした。
ああいう山の景色を、また見たいなと思ってるという事なんでしょうか。

自分はやっぱり自然が好きなので、そういうのに触れる機会を増やしたいなと思っています。
自分が通過点として通ったあの美しい自然の感じを、また感じたいと思ってるのでしょうか。
文字通り夢を現実にして叶えたくもなってきました。
危なくないよう、楽しめるように、こころ落ち着く生活にしていきたいなぁ。

流夢
恐怖と過去2019年02月24日 

めちゃくちゃ自分語りです。

過去を振り返ってもどうしようもないのかなぁと思うけれど、
やっぱり自分が怖いと思ってしまうものの原因は過去にあるので、
今再び過去に目を向けて自分の行動やこころを振り返る必要があると思いました。
最近夢分析をしていても、それをしないときっと不安になるだろうって感じに思えてなりません・・・

あんまりこういう事言うと恥ずかしいけど、やっぱり子供の頃に受けた心の傷ってなかなか治りません。
自分の生活は人並みに普通にいい家庭だったと思うし、ただ、ここで人と比べてもしょうがないです。
私は、子供の頃は本当に窮屈で辛いことがとても多かったです。
言葉の暴力をたくさん受けました。
言葉選びには厳しい家庭だったので、単語として乱暴な言葉は出なかったものの、感情の付与されたひどい言い回しや、態度で示され、子供の頃は怯えっぱなしで。
次第に助けてくれない家族を信じられなくなって、強がって生きていかないと自分を保てなくなってました。
これが夢によく出てくる強い少年、青年の夢の正体だと思います。
辛かった子供の頃の当時は、こころが傷ついている事すら認めたくなかった。というかわからなかった。
わけもわからず辛くて、これは私が弱いからだ、と短絡的に思い込んでた気がします。
か弱い女の子としての自分を放棄して、たくましい男性的な考え方にあこがれたのです。
でも本来は泣き虫で怖がりで、甘えたがりなのです。それを封印してしまいました。
これからはそのか弱い女の子の自分のこころを救い出してあげたいのです・・・

大人になってから家族にしっかり話してだいぶ軽くなったものの、
突然襲ってくる恐怖の正体は子供の頃に感じたものと全く変わっていません。
子供の頃に受けたこころの傷はなかなか治りません。
ならせめて、その傷ついた子供の自分を自分が優しく接してあげられるようにしたいなと、最近の夢で思うように。
自分の事をよくわかってるのは自分ですし、他人にそこの癒しを求めると、また人に振り回されちゃうので、自分の心との対話が本当に大事です。それが夢分析が、かなり一人でやりやすい。
夢の分析を進めると、自分との対話になっているんです。
なかなか大変ですけどね・・・
自己評価が低くて自分で自分をいじめがちだったので、子供の自分にやさしくするイコール、自尊心を大事にしていくってことで、慣れないけどほどよくできるようにしていきたいです・・・

そういえば本日の春コミはサークル参加で居るにはいるのですが、
諸事情でスペナンバー公表ができないので、申し訳ないです・・・
いるにはいるので、よかったら遊びに来てね(´ω`)