救いの夢

トップ > 夢読み > 救いの夢 > 毒の木の夢

毒の木の夢

毒の木
こんなになってるよ。

夢のキーポイント

夢を見た日は体調が終わっていて、それでも仕事へ行ってしまいました。
きっと夢は私が仕事へ行ってしまうと思い、仕事へ行った場合の予行演習としてこの夢を見せてくれたんだと思います。やさしいです。
そんな緊急的な救いの夢をどうぞ。

夢の内容

とても小さな丘の上に、毒に侵されて毒きのことかまで生えてる木が生えている。
その隣にかわいい鳥がいて、「助けてー!」と泣きながら喋っていた。
ホントに可愛い鳥で、助けなきゃ!と思った。木は鳥の家なんだと思う。
すぐ近くに噴水の水辺があって、応急処置でそこから水を運んで木に与えようと思ったけど、急ぐとこぼれて全く運べない。
ゆっくり移動してもやっぱりこぼれてしまうが、ゆっくりなら少しなら水をやれる。

夢分析の結果

この夢は、起きた瞬間に体調が悪かったので、疲れているからやばいんだな、というのはすぐわかりました。
でも本当に仕事に行ってしまいました。辛かったです0(:3 )〜 _('、3」 ∠ )_

毒の木は自分の体を表していると思います。
その自分を癒そうと、水をゆっくり運ぶけど、それもうまく運べない、というのがキーポイント。
どんだけ気を付けても、完璧には絶対にできない、と言われているのです。
それでもゆっくりなら、少しは動ける。
実際に仕事では立ってるのもつらくて、こまめすぎるほど水を飲んで、ものすご~くゆっくり動けばギリギリ仕事ができる、という有様でした。
休めよ・・・0(:3 )〜 _('、3」 ∠ )_
そんな、仕事に行ってしまった場合の動きの予行演習の夢でした。
終わった後はこの夢の事を思い出して泣いてしまって、次の日は休もうって決める事ができました。
毒の木の状態が自分の状態だと思うと、休まなきゃしぬと思いましたね。
体は大事にしようね・・・

▲ページトップへ