手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

亨と桜
春のお散歩2022年04月16日 

★下記の時間に拍手を下さった方、ありがとうございます!
励みになります!

・4/14 16:03
・4/15 11:51


今週11日から、なぜか体温が急激に下がり、体調が最悪だった夕飛です。
(上がるんじゃなくて下がりすぎて不調が起きるっていう変な感じ)

運動してもタンパク質とかとっても、何しても体温全然上がらず、
湯舟で無理やり温めようものなら動悸が強くて怖くなってちゃんと浸かれず、
とにかく循環が悪くて体が痛くて泣きそうだったんですが、たくさん食べて寝て休んで、とりあえず普通に動けるようにはなりました。
このまま冷たくなってしぬのか???って一瞬頭を過った。苦笑

体温も平熱に戻りました。
平熱って、こんなに体が楽なんですね。
気温がおかしくて自律神経がバグったのかな・・・

熱が戻っても、しばらくは節々や足先指先、
おなかなど、全身ダメージが残っている感じで、しばらくしんどかったです。
そんで、死体ってもう体温なんてないんだから、全身内臓までカチコチで、
痛覚機能してたらゾンビさんとかマジ体痛いんだろうな、とか妄想していました。笑
こんなこと考えていられるうちは全然大丈夫ですよね(^q^)

下がった体温を見て、いや亨くんってこれより低いんだよね体温・・・
って思って創作的には楽しんでいました。笑
亨くんひんやりしてそう。

・・・

そして昨日15日、元気になったついでに運動を兼ねて、
いつも散歩している実家近くの林に行ってきました。
しばらく家から出ないうちに、すっかり春・・・
若葉が生い茂り、桜も少し残っていたものの、だいぶ散ってしまっていました。
でも桜の花はまだまだ残ってて、外を桜特有の香りで染めています。
めっちゃいい匂い・・・

そして、若葉はこういう一瞬の時期しか見られないので、けっこう貴重です。
全て、5月にはもうすぐに大きくなっちゃってるので、それまでの小さくて柔らかい葉っぱを見るのは楽しくて幸せです。
これだから自然観察の四季を感じるのはやめられません。

特に柏の葉の若葉がかわいい・・・
あんまり今まで見てなかった気がします。
あと、椿の実を見つけてテンション上がりました。
まだ熟しきっていなかったけど、一個取って中身を開いて遊んでみる。
手が汚れたので、軽く水で洗うと、手が椿油の成分のおかげかスベスベ・・・
こういうの見つけるのも本当に楽しい。

藤の花も咲き始めだったので、もうちょっと経ったら満開になって、今度は藤の花の香りで楽しめるのかな。いいなぁ~
スイカズラの若芽も生え始めていたので、6~8月はべろ甘い香りのゾクゾク夏の夜も感じられる。ほぼジャスミンの香り。
夜に漂う甘い香り。あやしい感じがすごい。すてき。
四季の花の香りって楽しいな!

・・・

亨くんの家に大量にあるシキミも、
今は花が満開の時期で、木の周辺はシキミの何とも言えない甘い匂いが漂っていました。

シキミの花の香りって、甘くてツンとしてるのに、スーッと透き通るような雰囲気も持ってて、形容しがたい不思議な香りでゾクゾクします。
タンスの防虫剤のにおいってあるじゃないですか。
あれを薄めて、甘みを足した感じです(わかりにくい)

この匂いを亨くんの東家は纏ってるんだ~~~~って、一人でテンション上がってます。わぁい!
マンガ描きたい!0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_

亨
シャリシャリ2021年04月16日 

※虫の話注意。

最近また体が弱っているので、運動がてら、ヨモギ狩りをしに行ってます。
そして食べます。貧血にヨモギは効くんだ!
ヨモギの混ぜご飯がすごくおいしい🍚
あと、運動はしなきゃねヾ(:3ノシヾ)ノシ
他にもおいしい野草がてんこ盛りで咲いてるので、すんごい楽しい。

ヨモギを取りに行ったら、なんか松の葉の先端が黒くて、
松の木ってこんな植物だっけ・・・・?と疑問に思って近くで見たら、蛾の幼虫の大群でした。
すんごいシャリシャリ音がしてて、葉っぱ食ってる・・・すげぇ・・・となった。
気持ち悪い、けど、純粋にすごいなと思った。笑
夜中に聞いたらちょっと怖い。シャリ・・・シャリ・・・(葉っぱ食べてるだけ)

ほんとなんで虫って第一印象不快な事が多いんだろうね。
行動が読めなくて訳が分からないから怖いんだろうなぁ。
基本は分からないから怖いのよね。

春の山ってこういう光景も一緒に見る事になる。
今は特に幼虫がいっぱい見られる季節。
クモやバッタの赤ちゃんもたくさんいて、移動がへたくそでとてもかわいかったです。
クモの赤ちゃんは全然早く動けない。よちよち歩き。
バッタの赤ちゃんは飛距離がなくてぴょんぴょんしてる。かわいい。

また5月以降になると、幼虫も大きくなって、
特に蛾の幼虫は、木から落ちてくることがめっちゃ増えて怖いので、自分の近場の山歩きなら、傘はあってもいいですね。苦笑
クモの巣はいつも通り道で破壊しまくってて申し訳ねぇ・・・・・

小さいから虫は気づかない事多いし、亨くんはこの春の季節ちょっと苦手そう。
兄妹は飛べるからいいけど、亨くん飛べないから知らない間に踏みつけそうで怖がってそうで・・・
めちゃくちゃ歩行速度が遅くなりそう0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
山に行くと鬼少年妄想はかどるなぁ~

亨くんと山
お別れ2021年03月14日 

暖かくなってきたし、久しぶりにお山散歩しようかなと思って、
ちょっと歩いてきました。
でも、なんか様子がおかしくて、入口に看板が増えていて、
「えっ・・・」となりました。
どうやら本格的に開発が入る事になり、会社の私有地になることが決定したそうです。
日付はまだ先ですが、既に整地され始めていて、もう、完全に人の手が本格的に入っている。
えぇ・・・えぇ・・・・・

元々多少は人の手が入っていた所です。
でも市の土地だったので、別に誰の土地ってわけでもなかった。
買われたのかな・・・確かにこんなとこじゃ市が使う事もないだろうなっていう使いにくい土地だし。
なので、たぶん今後その山に入る事ができなくなる。

自分がうつ病になってから、癒される為に入っていたので、とてもお世話になった山でした。
意味ないかもしれないけど、もう入れない事を悟って、深々とお辞儀をしてきた。
本当にありがとうございました。

久しぶりにその山を散策したけど、本当に整地されてて同じ場所のような気がしなかった。
いつか人が入ってくるんじゃないかという別の緊張があって、もうこりゃ無理だなと。
人に会いたくなくて入っていたので0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
生い茂った竹林は更地になり、がけ崩れの瓦礫は綺麗に撤去されて道になり、
三つ葉の生い茂った泥道は綺麗になり、山の入口には砂利がひかれていた。
人の手がちゃんと入るとこんなことになるんだなぁと。
なんか切なくなった。

人の手が入らない山の中の植物って、日常生活では見る事がないほど大きく成長しているものが多くて、かなり別世界に感じるのです。
それが好きで、人間社会に疲れたら入って、川と葉の擦れる音を聞きに行っていました。
野生の椿や山茶花もあるので、とても美しくて。
でも、整地された影響で外界の音が普通に聞こえていて、山奥の音の遮断ってすげぇんだなと改めて感じました。
また夏になるとすんごい涼しいんだけど、夏になる頃にはもう完全には入れなくなっているだろうから、もう、見れないんだよね。夏の山。

ちょっと悲しかったけど、まぁ仕方のない事です。
結局そういう事ができる力のあるものが強いのだ。それに従うしかない。
いままで本当に私を包み込んでくれて、ありがとうございました。
こういう山に対する憧れと感謝は、鬼少年で描いていきたいなぁと思っています。