手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

悪霊払いの夢
悪霊払いの夢2022年07月21日 

今日見た夢がめちゃくちゃ強烈だったので、
あまりに気になって即行で夢分析した。

あまりに自分の気持ちが素直に出過ぎてて
詳細言うのは恥ずかしいけど、だいたいこんな感じの夢。
ちょっと長い&自分語りものすごいです。


おばあちゃんの家に居る。
白いカーテンの柔らかい光がおだやかな感じ。
そろそろ帰り時で、帰宅を考えていたところに、
家の裏手で密教系の修験者の姿が見えて、
少し見たら男性3人がお祓いを始めて、悪霊と戦ってる。
二人は修験者、一人は陰陽師っぽい人だった。

少し光沢のある青い服を着ていたが、
お祓いする悪霊の影響で、赤みのある色に変色してた。そういう服らしい。
(理科で使うリトマス紙みたいなイメージ)
怖い雰囲気があったし、不謹慎だろうから、
興味本位で見たらいけないと、あまり見ないようにしていた。

そんなこんなで家の中。
母がその人たちを見て、歴史あるところから来た人だ、と言う。
大きな地図を広げて、自分たちの場所も分かりやすい感じで見ていた。
この修験者の人たちは、このお寺から来たのかと分かった。
(現実で知ってる近所のお寺)

地図にはその土地に関する古典や歴史の話のタイトルが乗っているという、特殊な面白い地図だった。
この大きな地図は昔ながらのもので、現代にはなく、スマホでは画面が小さく見づらい。
ただ、小さくてもいいから、本の形で同じようなものが欲しくなった。

本当にそろそろおばあちゃんの家を出ようとした時、
カーテン越しに見えた景色が不穏な感じだった。
修験者さんの一人が死んでいた。かなりむごい状態で。
上半身が割かれて、大量の血が地面に流れている。
血はそばにあった用水路に流れていた。
悪霊と戦って、おそらく勝ったのだろう。
しかし、こういう「悪霊の起こした出来事」に対して、
ものすごい気持ち悪さと恐怖を感じた。
(グロテスクな見た目自体には嫌悪感はなく、ほんとにその惨状の経緯に)

その亡くなった一人をしっかり弔うように、
青い正装をご遺体に着せ、祭事としてしっかり葬儀を行おうとしていた。

本当に帰る直前、自分の服がキツく感じ、
着ていた胴を締めるタイプの白いワンピースを脱ぎ、楽な格好に変えた。


まず長いので結論から言うと、
この夢のメッセージは「自分のやるべきことを今はしさない」
って事だと思います。

ぼんやりして申し訳ないけど、分析結果をそのまま書くと
個人的な割合があまりに多く、はっきり言いづらい事なので、
ちょっとぼかして話すことをお許しくださいm(_ _)m

・・・

この頃頑張ってるんで、それに付随していろいろ思う事はあるんです。
特に昔から困ってる事がひとつある。
人によってはむかつく自慢にきこえるかもしれない。
でも本気で悩んでる。そのせいで、一歩踏み出すことを今まで怖がっていたので・・・

それは何かというと、「嫉妬」という感情との付き合い方です。
自分にとっても、他人にとっても、この感情は誰にでもついて回ります。

我ながら自分は嫉妬心を抑え込むのが上手くなったと思う。
もしかしたら滲み出てる場面もあると思う。(こころあたりあるし;)
そこは自信ないけど、でも自分で機嫌を取ってエネルギーに変えたり、
もしくは気にしない術を獲得してきたつもりです。
自分から発生する嫉妬という感情を含め、ネガティブな気持ちとはうまく付き合えるようになりました。

・・・

今困っているのは、他人から受ける負の感情に耐性がないことです。
今まで上手く行かなかった事って、これがものすごい関係している。
だから続かない事柄も多かった。
ここをもうちょっと鍛えないと、たぶん、これからの自分のやりたい事が達成できなくなってしまう。

自分が幸せを望んで進む事に対して罪悪感が出てきて、先へ進めなくなってしまう。
他の人がもっと幸せになってから、自分もついて行こう、と考えてしまう。
それじゃ人生が他人依存で、
いつ自分が進めるのか、分からなくなっちゃうじゃないですか。
こういう事は頭では分かるのに、こころにブロックが入って、悩んでしまう。
未だに自分が楽しくすることに罪悪感が出る事があります。
うつ病の後遺症みたいなもんですね;
分かってるから、対処はできるんだけども。

・・・

自分が頑張ろうとしているところに、
何か水を差されるような事を言われる事がけっこう昔から多くて、
「この人なにがそんなに気に入らないんだろう???」って思う事はあったけど、
あまりケンカしたくないし穏やかに生きたかったので、
気を遣う事もものすごく多かったし、自分を通してがんばるのをやめてしまう事もあった。

ここまで言って自慢に聞こえてる人もいるかもしれません。
嫉妬を向けられるって事は、能力があるって自慢でしょ?って。
でも本当に私自身は自信はない。
能力があるという自覚を持つ前に、
とにかく目の前の仕事をしっかりやる事が大事だと思ってたから、
能力があるとかないとかは別問題、と思ってる。
頑張って仕事したりしてると気持ちいいし、私も幸せだし、感謝もされて楽しいです。

そうしてると、嫉妬なのか嫌悪感を丸出しにされて、態度が急に変わったりする人によく出会う。
自分がコミュ障なのもあったから、何も悪くないとは言い難い。
それでも、こういう感情を向けられやすいってすっごい生きづらい。
なんかしら理由があるから、そういうめに遭い続けるのだと思う。
でもどうしたらいいかわからない。
もっと言うと親からも向けられてた時期があったと思う。(今は大丈夫)

とにかく、自然体の自分ではどうしようもない事が多かったので、
その環境から離れるという対策ばかりを取ってきた。
でもその結果、肝心な「他人からの嫉妬」を真っ向から対処できる術を育てられなかった。
それが今の自分に課題として立ちふさがってる。そんな夢だと思った。

・・・

まぁ悪霊が分かりやすい象徴です。
悪霊は、わるい亡霊です。亡霊は人の思念のようなものです。

この夢の中では、実際には悪霊を目にしていないし、でも、存在する。
自分も関わっていない。
関わったところで、私は何もできないと感じている。
それは他人の気持ちの問題で、私が背負うべきではないものだから。
実際、夢の中で家から出ないで、そのまま過ごして立ち去ろうとしている。

でも気になるから一部始終をチラ見してる。
その悪霊退治の場面は、私のこころががんばろうとしている状態だと思った。
嫉妬とか負の感情って、受け取っちゃうのも疲れるし、まともにすべてに対応していたら壊れてしまいます。

相当修行を積んだであろう修験者さんも、
こうして悪霊の理不尽な暴力で亡くなってしまった。
それくらい相手から向けられる負の感情を相手にするということは、暴力に立ち向かう事と同義なんだなと感じた。

でも私は暴力なんか関わりたくないし、対応もきっとできない。
無謀なんです。
だから、自分のできる事を着実にやることが、平和につながると思った。
夢の中のように、大きな見通しの良い地図を見て、
点在する細かい歴史や学びをチェックしながら、ゆっくり筋道を立てていきたい。
暴力なんかふるいたくないし、自分もふるわれたくない。
いたいのやだ。

・・・

3人で退治しているけど、この3人の男性についても考えてみる。

まず「光沢のある青い服」が印象的。
着物によくある光沢感で、サテンほどはきらきらしていない。
こういう服は少なからず特別な時に着るもの。
今回は、こういう「退治」と「儀式」の意味が強いので、大事な事だという強調要素だと思う。

そして青色から連想する要素は
「落ち着き」「冷静」「精神性」という要素だと思う。
高い落ち着いた意識が、こういう悪霊に冷静に立ち向かって、仕事として対処していた印象。

3人という要素も、
「調和」「安定」を意味すると思う。
悪霊に殺されてしまった一人を除いたら2人になるけれど、
ちゃんと亡くなった人を葬儀しようとしてるし、
精神的な調和を意味する人数と行動を取られていたと思う。
また、寺からの派遣だったので、なんとなくだけどまだ仲間がいると思う。

亡くなった修験者さんの状況も。
この亡くなった様子を見た時に直感的に思ったのが、
「身代わりという役割をされていた」のだと思った。
ゲシュタルト法的に修験者さんの気持ちになってみると、
「これは仕事、役割を全うした。悔いはない。」という気持ちが浮かんできた。
めちゃかっこいい・・・・
自分はなにもできなかったけど、感謝しかありません。

更にむごい死に方だったけれど、
血は土の地面を伝い、用水路に流れ、水に流す、という感じにも思った。
今回の出血の様子は、「他人の死体から」という状態で、
これは調和を乱されたこころが傷ついてる疲労感もあると思うので、これは受け止めたい。

服がリトマス紙のように赤みに変色するのも、
赤は「酸」なので、酸化という体の疲労の描写でもあるなぁと思った。
どっちかというと「おじさん」でもあるので、自分専用のパターン解釈として、頑張りすぎのサインかな~とも・・・

・・・

全体的に、まともに向かっていった場合のシミュレーションと、
自分がすべき行動指針を同時に見せてくれていたかもしれない。
終始関わりなく終わったようなものなので、
一見冷たいようだけど、現実的な対処だったと思うから、
強烈ながらも、とても冷静で神秘的な夢だったと思う。

あと夢の中では気にしてなかったけど、
おばあちゃんの家は高い山の上にあるので、ハイヤーセルフ感もありますね。
意識の位置がとても高い。外も明るかったし。
地図の広域もそんな感じ。

そういえば、中学校の頃に読んでた詩集にも、
同じような事を書いてる詩があって、
それめちゃくちゃバイブルにしてたな0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
他人の感情は、他人の荷物。背負わなくていいの。っていう感じの。
自分の性格上、完璧には無理だろうけど、それはしっかり意識していきたいなぁと思います。

流夢
追い男の子2021年09月01日 

少し遅くなりましたが、東急ハンズ池袋店で行われている
「おもしろ同人誌バザール」で本を買って下さった方、ありがとうございます!
会期終了を待たず、8/29に完売いたしました!
「夢分析と流夢の世界」、たった13冊の納品でしたが、おそらくそのまま、13名の方に手に取って頂けたのだと思います。
本当にありがとうございます!

心理学はにわか知識ですが、心理学素人視点からの夢分析の解説、夢日記と夢を見てきたキャリアの長さだけは自信のある夕飛です!!!
夢の話がすごく多いサイトですが、もしご覧になっていたら、楽しんで頂けたらと思います。

・・・

最近いろいろあって疲れていたし、体調不良のこともあって何だかんだ参っていました。
夢の記録はできていますが分析をする余裕がなく・・・
余裕はないけども、でも夢を感じて楽しむ事は出来ています。
とてもこころが軽くなる、浄化の役割のような夢をずっと見ています。
なんか、すごいたくさん気になる夢を見ていて、どれを紹介しようか迷うほどで0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_

とりあえず直近、昨日見た夢に流夢くんが出てきたので、嬉しかったです。
(めちゃくちゃめでたい頭)
とにかく今は疲れていて急にネガティブになっていたので・・・
わかりやすいこんな夢を見ました。


ものすごい暗いものが奥底からやってくる。
逃げなければならない。
自分は近くに居た女の子に、危ない!とぶん投げられ、逃がされた。
急いで逃げたら、その何かが追ってくるのが分かった。
ざわざわする。
そしたら急に流夢くんに脇腹を抱えられて逃げ延びた。


最後が突然で笑うとこです((^o^))
まぁこの夢だけなら分析するまでもなく、疲れてるだけです。
ほんとに久々のネガネガ気分だったから0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
流夢くんという自分の好きなものに、がっしりを抱えられていたので、逃げるという行為の肯定と同時に、その感情をしっかり認識できた実感がありました。
肯定と認識する、というのは、とても大事です。
自分のこころの状態が「客観的に分からない事」が一番の不安なのでね;

この夢だけなら、と言いましたが、これ以前の夢だと、こんなに内容が濃い夢をたくさん見てます(ちょっと恥ずかしい)


・優しい青年がわがままな男の子から痛めつけられているが、痛みを全部受け止めていたら大人しくなって、青年がいつの間にか優しい母親のような女性になっていた。
・学校で男の子が両手を固く縛られるが、血だらけになっても腕をたたきつけて開錠し、逃走する。
・何かを殺してる女の子が水になって崩れ落ち、誰もいない部屋で静かにしんでいく。その殺した達成感をもう少しだけ感じている内に、しんでいきたい。

・男の子が悪側にいるけど仕方ない雰囲気で、しっかりした目的意識と手探り感がある。潜伏中。
・二人組の男の子が正義の名の元、悪人をさばき心臓を抉っていく。


・・・というような、なんか内容が漫画的かつ暴力的で濃すぎる夢を見すぎていて、
これはメンタルが明らかにアンバランスだな!!!と感じました。
夢に理想や好きなものが現れすぎているので、現実逃避願望も現れています。
ちょっと昔見ていた夢の雰囲気にとても違いものをまた見始めている。

一部違うのは、やっぱり女の子の力です。
女の子に助けられたり、殺しに加わっていたり、登場が少なかった昔に比べたら、力関係が明らかに違います。
水になって崩れ落ちる女の子の夢は、とにかく切なくて、静かにしにたいという気持ちがすごく伝わってきた。よくやってきたが、とにかく楽になりたいと。
前に分析した通り、女の子にはやっぱり「夢の中の殺し」は負担が大きかった気がして、ここらで無理は終わらせるかって感じがしました。
1つ目の夢も、自分の中の男性的な考え方と女性像がうまく融合できるかもしれないと感じました。まだその途中なんだろうけどね。
今までそこに差があったから苦しかったんだろうしなぁ。

逆に夢の中の男の子は、再び生き生きと「悪」を殺したり潜伏したり、「悪」に触れ続けています。
自分の夢の中の男の子は、可能性や希望のある勇気の象徴。
自分にとって「悪」は最も怖いものであり、見たくないものや触れたくないものです。
その「悪」は、自分の負の感情を含めています。自分が怖い。
生活環境や生き方がちょっと変わってきているのもあり、またそれに対応した考え方や感情処理の再構築をしているのだなぁと感じました。
望んだとおり、男の子の瞬発力に守ってもらえてるなぁという実感があります。

めっちゃ出てきますよわるい感情!!!
もういやだ~ってくらい。自己嫌悪します。その自己嫌悪で自分が潰れそうです。
でも自分には、その感情と向き合い戦うしかないのです。
その様子を延々を描いてくれている気がします。
たぶん、これは何か意味を指しているというよりは、
普通にこころの自己治癒・自己修復の類で、分析するまでもなく自分のこころの中で起きていることを見ているだけな気がします。

昔見ていた男の子の夢と違うのは、「真正面から戦っている」部分です。
逃げる夢を見たとしても、昔みたいに上手く行かず、夢がきっと向き合えると察してか、逃げられずに課題を突き付けてきます。
(普通なら悪夢と言われるけど、自分は悪夢ないと思ってるからこわかない)
昔は逃げる手助けをしてくれている事がほとんどで、ここまで殺しや暴力の激しい印象はなかったです。笑
変わろうとしてるんだろうなぁ自分。

・・・

今描いてる新刊は「白い夢」がテーマだけど、また期間が開いたら男の子の夢で本出しても面白いかもしれない。笑
とりあえず夢の過程を見ていくとわるい感じはそこまでしないし、
むしろ今は落ち着いてきてすがすがしくなってきてるので、夢のストレス発散力はまじですごいと思っています。

男の子
いま一度勇気を2021年08月09日 

最近みた夢の話なんだけど、久しぶりに大好きな男の子の夢だった。
自分の夢に男の子が出てくるのは良い夢というか、否定的な意味はそんなにないんだけど、最近のその夢はちょっと引っかかる表現だった。

こんな夢でした。


殺すのが得意な双子の男の子。
同時に女の子の二人組もいる。
昔は男の子の方がつよくて、すごく楽しんで殺しをしていて、
(相手は化け物だけど)めちゃくちゃ殺し方や苦しめ方に詳しい。
その様子を、とても美しい絵で描かれたノートを見ていた。

女の子側も同じような仕事をしていたのだけれど、特に片方の女の子がとても怖がりで、できるのに泣いてしまったりしていた。
でも、高いところで双子の男の子の背中を見てきた。

男の子の方は平和になった一方、自信をなくしていて、今は成長した女の子の方がしっかりしていて強いなと思っている。


おとこのこおおおおヾ(:3ノシヾ)ノシ
過去は楽しんでいたり詳しかったってのがすごいよくわかる。
恐怖心という化け物を邪魔したり、ぶっころすのを、よくやっていてくれた。
めちゃくちゃ分かる・・・すんごい助けてもらってたから、本当にかっこよかったんだ・・・

どちらかというと最近の夢の傾向では女の子の方が強い印象です。
けど、自分の中の「女性」ってやっぱどうしても気持ち的には大人しめで弱くて、
困難をはねのける「殺しという同じ仕事」を、純粋な性別として「男の子」と「女の子」で行った場合、男の子の方が絶対にいいと思うんですよ。
エネルギーの強さが違うし。(少なくとも自分の考えでは)

自分の夢の中の「殺し」ってどういうことなんだろうって考えた時、
避け様がなかったり、わけのわからない不安感をうまく対処することだと思うんです。
今までの夢もそうでした。
自分の中にある、あらゆるこころの障害を殺してきた。
「悪を許さない偏った気持ち」を殺すこと。
「弱い自分なんていらないという気持ち」を殺すこと。
「がんばらなくちゃいけない無理してる自分」を殺すこと。
これらをほとんど男の子というシンボルを通してやってきたことで、すごく勇気をもらえていたんです。

・・・

今の自分は、女の子ベースの気持ちで暮らしている。
自分を大事にして、無理しない、出来ない事は頼ったり、甘えたりする。
こういう生活ができるようになったのは、ちょっと前の自分からしたら考えられないくらいすごくて、うまいこと自分を大事にできていると思っています。

でも、ちょっと気がかりな事が2つ。
1.一人で頑張らなくてはいけない時期に糧にしていた、熱い気持ちや闘争心が薄い
2.一方で再び、甘えてる事で重荷になっていないか、怒られないかという強い不安が出てきてる

1番について、これはある程度仕方ないと思っている。
むしろすごく疲れる生き方だと気付いて変えたので、しょうがない。
だから男の子の登場頻度が減っていたのだろうし、過去のこととして強調されたのだと思う。

問題は2番だ。
これは本当に根強くて、子供の頃から全く変わらない。
ほんとに、情けないほどこころの底ではこわくてこわくて、たぶんこれは一生付き合っていく恐怖心なのだと思う。
こころを許して自分ができない部分で甘える事で、また期待外れだとか、使えないとか、嫌われる事を恐れてしまっている。
ちょっとでも何かできないと、すぐに怒られたり笑われたりすることが子供の頃は多くて、その気持ちと恐怖心がぜんぜん癒えない。
先日そういった強い恐怖心の夢を見て、本当に情けないと思った。
本当に情けない。
でも、本来は甘えん坊だから、なんとかうまく対処していきたい。
甘えないと生きていけない人間なのは、痛いほど理解したから・・・

そういう自分の甘えからくる恐怖心の夢を見るトリガーみたいなのは分かっていて、
このトリガーの条件もかなり問題なのだ。
その条件がすごく些細なことで、「完璧に なにか をできなかった」というものです。
完璧にすべてをこなせる人なんていない。
下手したら毎日こわい夢を見てもおかしくない。
考え方や生き方をある程度慣らして変更できたのは救いだと思う。
疲れてるとこの矯正が外れてすぐに弱いこころが出てくる。

こういう時に頼りになるのは、甘えっぱなしじゃダメだった時の
「闘争心の強い頃の自分」です。
闘争心がちゃんと出てこれば、急なことでも対処ができる。
そうです、この問題に関連してきて、1番の闘争心の薄さに対して、困ってる。
やっぱりある程度はすぐに出せる引き出しの中に入れとくイメージで、この「強い自分」はある程度必要なのです。

まぁかといって「完璧にする為に闘争心を使う」ってのはもうできないです。
(昔は完璧に物事をこなすのに使っていたから精神壊れた)
ではどうするか?
思い付く限りでは、
「完璧にできなくて当たり前だろゆるせばかやろー!まじころす!!!」って自分のその恐怖心に暴言レベルで言えるようになっていきたい、と思った。笑
つまるところ他人の評価に、環境に怯えているのであって、その恐怖心は自分の外から与えられたまじもんの幻なんですよね。呪われてる・・・
自分のその歪んだ認知を、ころしたい。

・・・

それができる強い自分の象徴が「男の子」だったのですが、
今は落ち着いた女の子にうって変わって、男の子が自信を無くしてるという夢を見た。
もう「女の子側」はきっとある程度大丈夫なのです。
男の子の背中を追って成長してきたのだし、女の子側は男の子のこと、尊敬しているのです。

なんで自信をなくしてしまったのだろう。
女の子がすごく上手くストレス対処していたから、退治するものがなくなっちゃったからかな。
同じ殺しという仕事なのだけれど、とても落ち着いて女の子の状態である程度対処しているんですよね。それはすごく実感している。
でもやっぱり、先日みたいに疲れちゃうと全然ダメだった。こういう時に男の子の瞬発力というか、希望のあるエネルギーってやっぱ大事だ。

なのに、なんかすごい無力感を男の子から感じ取っていて、ちょっと悲しかった。慰めたかった。
「頼られなくても女の子がいれば生きていける」と感じてしまっているのが問題なのか・・・
仕事を奪われてる状態というかねぇ・・・
ちがうんだ、すごくその男の子のエネルギーはほしい。
むしろ力を合わせて、得意なところは任せたい。
平和な日常の中、普通に予想できる不安感はいいんだけど、急に来る暴力的な恐怖心にはほんとに女の子弱いんだ。
まさに、そこで「男の子に甘えたい」んです。
なんかごめん、ほんとにごめんね。

今度は私がその「男の子」と接していきたい。
いつも向こう側から歩み寄って助けてくれていたので、そろそろ恩返しの時期なのかもです。
ちょっといろいろ考えて、どういう考え方や行動を取るのが「男の子と接し、甘えられて協力できるのか」というのをちゃんと考えたいと思います・・・
男の子に助けられまくっていた時、どういう思考、行動を取っていたのか、過去の夢と現実の日記を照らし合わせて、確かめてみます。
(案外あっさり分かる気はする)

・・・

あっ 今更だけど、双子ってのは単純に力を合わせようって自分の要素だと思います。
一緒に生まれて一緒に育ち、同じ要素を持つって意味も強いです。
特に男の子は過去にも違う要素の二人組で出て来て、片方が死んでも片方が生きて後につなげるとかいう夢を見ていて、すごく臨機応変で助かりました。
いちたすいちはに。力を合わせるって、すごくいいことだ。

いま一度、どうしようもない闇に対する勇気をください(´・ω・`)