手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

高笑い男の子
ウイルス撃退の夢2021年10月21日 

★ 10/20 午前5時ごろの拍手、ありがとうございます!!!

・・・

久しぶりに夢の話です。
最近わたわたしてたのもあって落ち着きのなさ過ぎる夢でした。
こんな夢をみました。


とにかく休みたい。
休みたくて昔の家に帰っていたが、
現状重視で母親に振り回され、ゆっくりできない。
一人ぼっちで置いて行かれて、泣いてしまった。

その後逃げなければいけない状況になった。
人にも機械にも感染するウイルスが、外を襲っていた。

対抗できる白いウイルスをなんかすごい人が開発したらしくて、
それを装填した武器を、男の子が持つ。
(銃だかスタンガンだか何だかよくわからん形状の武器)

車で男の子もつれて逃げるのだが、
外は本当に危険で、薄暗い世界の中、何かに追われて急いで逃げた。

ビルの上の方に何故か進んでいて、元凶がいる最後の戦いのようだった。
男の子は穏やかな子だったのだが、
武器を持って攻撃を始めると性格が豹変して、
高笑いをしながら楽しそうにウイルスを消していく。
最後は勝ったような気がする(うろ覚え)


めっちゃSFな夢ですね。笑
泣いてる所があるんですが、起きたら実際に涙が流れていました。
久しぶりに夢で泣きました😂
この辺の場面は、単純に最近の自分の様子ですね。うん。休みたい。
いっぱい寝てこの夢見たら、ちょっと落ち着きました。

そして、良いか悪いかは別問題で、
私はやっぱり人と接する動きが大きくなると疲れて動けなくなってしまいます。
(イベントの後とかね・・・好きだけど疲れちゃうっていう)

そうやって、疲れてしまう・・・感じだったんですが、
ここ最近はいい意味で諦めというか、正直になったと言いますか、
「うまく付き合うのやめよう」って思えるようになっています。

基本的に悩みの大半は人間に関する事です。
私の場合は具体的な事をいうと、「めちゃくちゃ一人の時間を大事」にします。
人と接する機会を増やす、というのは、その時間を減らして負担になってしまうんです。
(何度も言うけど得意じゃないってだけで嫌ではないんですよ!)

・・・

そんで情けないことに、自分は人に影響されやすいです。
影響は一時的ですが、接する機会が多い、長いほど、しんどくなっていきます。
適度な距離感というのはありますが、自分は極端に一人の時間が欲しいタイプだと思います・・・

夢の中のこの「ウイルス」の描写。
人にも機械にも感染しますが、夢の中では既に感染が広がっていて、
これは個人的には「現実もネットも同じことだ」と感じました。
昔は正直、自分の逃げ場としてネットを使っているようなとこがありましたが、
最近創作で露出がんばっちゃって、現実と同じような社交の場に変化しています。

なので、人の意思という自分のこころを侵食してくるものが、
昔よりも多くなりました。
それがウイルスの描写なのかなと思いました。
もうどうあがいても世界はこうなのだ。

・・・

思えばだいぶ前から似たような夢を見てきました。
世界が終わる系の夢。
今までは結末はなくて、ただ逃げてるだけでした。
でも、嫌な感じはなくて、美しい描写だってありました。
もしかしてこの夢、あやふやながらも勝利を描いてますので、
完結したか、もしくはもう落ち着く合図なのか・・・とちょっと期待しました。

決戦の場もビルの上で、意識の上の方での戦いです。
わたしのこころ全体に関わる事なのかもしれない。

・・・

「白い対抗ウイルス」を作ってるのも笑います。
これ、新刊で出したしろいかみさまに掲載できるタイプに分類していいの・・か・・・?
この白いウイルスを作ったすごい人っていうのは、
自分の信念を貫いて自分の力で進む人でした。
(いわゆるそういう漫画のキャラクターです)

まぁこういうことですかね。
自分の信念で進む力はもうあって、
そういう人の意思が渦巻く苦手意識のあった世界で、何とか渡って行ける、という感じでしょうか。

・・・

ただ、ウイルスをやっつけているのは
自分にとっての勇気と可能性のシンボル「男の子」です。
めっちゃ高笑いしていました。
「あははははははは!!!!!」って。かわいい。私もこれくらい笑ってみたい。
(顔は絵の通りですが私にとっては癒しの顔です。すき)

こんなに生き生きとした男の子は久しぶりです。
そうだよ、こういう闇の世界を楽しむのも楽しいものなんだ。
自分の闇と向き合い対処していく楽しさってのは、
自分にとってはすごく大事ですし、なんか、ほっとしました。
武器の形状がよくわかんないものってのも、自分独自のいろんな方法、みたいな象徴ですかね。

何にしろ男の子に頼ってるので、まだまだ助けはいるのでしょう。
これがストレス発散の象徴だとも思うし、いいんじゃないか~と思います。

・・・

実は、この夢の前の夢で、
戦う英雄たちの会議の夢、という面白い夢を見ました。
場所は天空の雲の上。すがすがしい雨あがりでした。
その夢でものすごく印象に残った言葉。

「あの化け物は消えない。永遠に自傷を繰り返し、弱るのを待つ。」

真っ黒い化け物でした。
これは、弱ってからやっつける、という意味ではなくて、
弱っていくから手を出さなくて良い、という感じでした。
自分の恐れていたこころの闇なんでしょうか。
疲れてたし、深く考えずにとりあえず寝るようにしてました。
(これが無理に手を出さない自然体の対処です)
この夢の後に今回の夢を見たので、面白いな~と思いました。笑

戦いは終わると言うより、続いて行くと思います。
ネガティブにならないこころ、なんて無理ですしね。笑
その都度、対処法を見つけて対抗してるだけすごいです。
昔なら見なかった夢ですから。

歪御
こころのお勤め2021年09月13日 

★9/12の14時頃の拍手、ありがとうございました!
すごく嬉しいです・・・!

・・・

昨日、こんな夢を見ました
下記の通りです。


暗い建物の中で、何かの本を見ている。
これからの事が書いてあるようで、読み進めていくと、
その場にる全員が狂っておかしくなる、という展開があった。
これはまずいと危機感を抱いた瞬間に、その時間はきた。

何かにあてられてるのか操られたのか、
みんな発狂してしまう。
人を食べ始めたり歯を力ずくで抜き始めたり、
とにかく理性が飛んで本能的で破壊的な感じだった。
みんな一貫して「お勤めを果たす」と言い、へんな宗教のような感じもした。

そんな中で、呼吸を整えて精神集中し、発狂していない人物が3人いた。
殺されそうになると、やっつけていた。
その中の一人に女の子がいて、頑張って耐えているんだけど、とても辛そう。
女の子が力尽きそうになると、3人のうちひとりの青年が精神を保つように喝を入れる。
残りの一人はなぜか歪御くんで、一人だけめっちゃ平気そうだった。
なにしてんのこいつらって感じだった。


最近の自分の夢、最後で笑うような場面になるのなんで。笑
「歪御」はここのオリジナルキャラクターで、「鬼少年」に登場します。
性格は残忍で子供っぽい。こわーいおばけです。

なんかこの夢、自分のこころの修行をしてる感じみたいですね。
女の子がいるのがわかりやすい。
今の自分、楽しく生きてはいるけど、
やっぱりまだまだどこまでも負の感情に弱くて、他人の悪、自分の悪に慣れないというか、嫌悪感が拭えません。
いや、むしろそれでいいのです。
悪い事を感じて嫌悪感があるのは、みんなそうだと思う。
だた、ほんとにまだ、うまく整理できてない。本当にヘタですね・・・

・・・

今までの夢からも、こういった悪いこころに対して、
男の子の瞬発力に頼りすぎても、か弱い女の子に偏って弱くなりすぎても、バランスが悪いというのはとてもよく分かった。
一緒に修行して、助けすぎてないのがいい感じだなぁと思いました。

歪御くんは自分にとっては「本能おばけ」「悪の親玉」みたいな感じなので、あの状況で平気なのはうなずけます。
私の夢分析の本を最後まで読んだ方や、
FANBOXの歪御の成り立ちを読んだことがある方でないと
ピンと来ないかもしれませんが、歪御くんはもともと私の夢の世界の住人でした。
どういう夢の住人だったかというと、「負の感情を押し込む部屋の番人」でした。
そしてその感情を糧にできるおばけでした。
そうです。歪御くんの設定は、根幹から悪に触れる事が普通という事なのです。

・・・

「悪に触れる事が普通」という状態を、
既に自分はこころの機能としてちゃんと持っていたのです。
それを自分の力としてうまく引き出せてなくて、今どうにかして慣れようと頑張ってるんでしょうか。
これから起こる事を、本としてワンクッション置いてくれたのも地味に優しい。
そして3人での修行みたいな風景。これのことかなぁ。
(歪御とかいう人が一人サボってるけど、総監督ってことで・・・)

あと、昔はその負の感情を処理する機能として使っていた部屋の夢って、かなり高頻度で見ていたけど、安易に入れなかった。
入れる事はあったけど、とても静かで、こんな状態ではなかった。
修行場として活性化させてるのかな。笑
ちゃんと向き合えてる証拠として受け取っていいのかな。

・・・

周りにいた人間みんなが「お勤めを果たす」と言うのは、何なんだろう・・・こわ・・・
なんとなく思うのは、いわゆる私たちが理性的でいる間に認識する「悪」の中には、とても多くの「本能的なもの」があります。
相手を憎んだり恐れたり、怒りを感じたり悲しみを感じたり、こういう感情に対して、どう行動したくなりますか。
相手を傷つけよう、とか、自分の言う通りにさせようとか、こころない行動が思い浮かぶのではないでしょうか。
けどこれは道徳的にまずいので、みんな理性で抑えていますし、私もそうしていると思います。

・・・

こういった負の感情に付随する行動は、理性を外した動物の世界ではむしろ普通だと思います。
(動物もやさしいこころはあるから全部ではないと思うけど)
なので、まぁ、自然な事なんです。
人間も動物ですから、きっと「お勤めを果たす」というのは、本能のまま破壊衝動を夢の中でありのままに爆発させてるだけだと思うんですね。
長々と話して結局それかよという結論ですが0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
自分は前から感情抑え込みがちで、破壊的な夢を見るので、今回もそんな感じ。

・・・

そんなとんでもない所で修行というか耐えているというか、
こんな状況の夢、昔の自分なら見てない夢ですね。
まず逃げてたと思います。
逃げて、隠れて、振り払って、どこまでも逃げる夢が多かった。

この夢逃げるどころか、その場に留まって呼吸まで整えてます。
かっこよすぎかよ。自分すげぇな!!!(自画自賛)
青年に至っては女の子の面倒を見ている余裕すらある。
さすが私の夢の中の青年です・・・

・・・

「悪」を感じてはいけない、発してはいけない、と、まだまだ思いがちなのがしんどいんだけど、のんびりゆっくり慣れていこうと思います。
思う事はしょうがないし、時々発してしまう事があっても、それはみんなお互い様である事を、ちゃんとこころから分かりたいですね。

男の子
いま一度勇気を2021年08月09日 

最近みた夢の話なんだけど、久しぶりに大好きな男の子の夢だった。
自分の夢に男の子が出てくるのは良い夢というか、否定的な意味はそんなにないんだけど、最近のその夢はちょっと引っかかる表現だった。

こんな夢でした。


殺すのが得意な双子の男の子。
同時に女の子の二人組もいる。
昔は男の子の方がつよくて、すごく楽しんで殺しをしていて、
(相手は化け物だけど)めちゃくちゃ殺し方や苦しめ方に詳しい。
その様子を、とても美しい絵で描かれたノートを見ていた。

女の子側も同じような仕事をしていたのだけれど、特に片方の女の子がとても怖がりで、できるのに泣いてしまったりしていた。
でも、高いところで双子の男の子の背中を見てきた。

男の子の方は平和になった一方、自信をなくしていて、今は成長した女の子の方がしっかりしていて強いなと思っている。


おとこのこおおおおヾ(:3ノシヾ)ノシ
過去は楽しんでいたり詳しかったってのがすごいよくわかる。
恐怖心という化け物を邪魔したり、ぶっころすのを、よくやっていてくれた。
めちゃくちゃ分かる・・・すんごい助けてもらってたから、本当にかっこよかったんだ・・・

どちらかというと最近の夢の傾向では女の子の方が強い印象です。
けど、自分の中の「女性」ってやっぱどうしても気持ち的には大人しめで弱くて、
困難をはねのける「殺しという同じ仕事」を、純粋な性別として「男の子」と「女の子」で行った場合、男の子の方が絶対にいいと思うんですよ。
エネルギーの強さが違うし。(少なくとも自分の考えでは)

自分の夢の中の「殺し」ってどういうことなんだろうって考えた時、
避け様がなかったり、わけのわからない不安感をうまく対処することだと思うんです。
今までの夢もそうでした。
自分の中にある、あらゆるこころの障害を殺してきた。
「悪を許さない偏った気持ち」を殺すこと。
「弱い自分なんていらないという気持ち」を殺すこと。
「がんばらなくちゃいけない無理してる自分」を殺すこと。
これらをほとんど男の子というシンボルを通してやってきたことで、すごく勇気をもらえていたんです。

・・・

今の自分は、女の子ベースの気持ちで暮らしている。
自分を大事にして、無理しない、出来ない事は頼ったり、甘えたりする。
こういう生活ができるようになったのは、ちょっと前の自分からしたら考えられないくらいすごくて、うまいこと自分を大事にできていると思っています。

でも、ちょっと気がかりな事が2つ。
1.一人で頑張らなくてはいけない時期に糧にしていた、熱い気持ちや闘争心が薄い
2.一方で再び、甘えてる事で重荷になっていないか、怒られないかという強い不安が出てきてる

1番について、これはある程度仕方ないと思っている。
むしろすごく疲れる生き方だと気付いて変えたので、しょうがない。
だから男の子の登場頻度が減っていたのだろうし、過去のこととして強調されたのだと思う。

問題は2番だ。
これは本当に根強くて、子供の頃から全く変わらない。
ほんとに、情けないほどこころの底ではこわくてこわくて、たぶんこれは一生付き合っていく恐怖心なのだと思う。
こころを許して自分ができない部分で甘える事で、また期待外れだとか、使えないとか、嫌われる事を恐れてしまっている。
ちょっとでも何かできないと、すぐに怒られたり笑われたりすることが子供の頃は多くて、その気持ちと恐怖心がぜんぜん癒えない。
先日そういった強い恐怖心の夢を見て、本当に情けないと思った。
本当に情けない。
でも、本来は甘えん坊だから、なんとかうまく対処していきたい。
甘えないと生きていけない人間なのは、痛いほど理解したから・・・

そういう自分の甘えからくる恐怖心の夢を見るトリガーみたいなのは分かっていて、
このトリガーの条件もかなり問題なのだ。
その条件がすごく些細なことで、「完璧に なにか をできなかった」というものです。
完璧にすべてをこなせる人なんていない。
下手したら毎日こわい夢を見てもおかしくない。
考え方や生き方をある程度慣らして変更できたのは救いだと思う。
疲れてるとこの矯正が外れてすぐに弱いこころが出てくる。

こういう時に頼りになるのは、甘えっぱなしじゃダメだった時の
「闘争心の強い頃の自分」です。
闘争心がちゃんと出てこれば、急なことでも対処ができる。
そうです、この問題に関連してきて、1番の闘争心の薄さに対して、困ってる。
やっぱりある程度はすぐに出せる引き出しの中に入れとくイメージで、この「強い自分」はある程度必要なのです。

まぁかといって「完璧にする為に闘争心を使う」ってのはもうできないです。
(昔は完璧に物事をこなすのに使っていたから精神壊れた)
ではどうするか?
思い付く限りでは、
「完璧にできなくて当たり前だろゆるせばかやろー!まじころす!!!」って自分のその恐怖心に暴言レベルで言えるようになっていきたい、と思った。笑
つまるところ他人の評価に、環境に怯えているのであって、その恐怖心は自分の外から与えられたまじもんの幻なんですよね。呪われてる・・・
自分のその歪んだ認知を、ころしたい。

・・・

それができる強い自分の象徴が「男の子」だったのですが、
今は落ち着いた女の子にうって変わって、男の子が自信を無くしてるという夢を見た。
もう「女の子側」はきっとある程度大丈夫なのです。
男の子の背中を追って成長してきたのだし、女の子側は男の子のこと、尊敬しているのです。

なんで自信をなくしてしまったのだろう。
女の子がすごく上手くストレス対処していたから、退治するものがなくなっちゃったからかな。
同じ殺しという仕事なのだけれど、とても落ち着いて女の子の状態である程度対処しているんですよね。それはすごく実感している。
でもやっぱり、先日みたいに疲れちゃうと全然ダメだった。こういう時に男の子の瞬発力というか、希望のあるエネルギーってやっぱ大事だ。

なのに、なんかすごい無力感を男の子から感じ取っていて、ちょっと悲しかった。慰めたかった。
「頼られなくても女の子がいれば生きていける」と感じてしまっているのが問題なのか・・・
仕事を奪われてる状態というかねぇ・・・
ちがうんだ、すごくその男の子のエネルギーはほしい。
むしろ力を合わせて、得意なところは任せたい。
平和な日常の中、普通に予想できる不安感はいいんだけど、急に来る暴力的な恐怖心にはほんとに女の子弱いんだ。
まさに、そこで「男の子に甘えたい」んです。
なんかごめん、ほんとにごめんね。

今度は私がその「男の子」と接していきたい。
いつも向こう側から歩み寄って助けてくれていたので、そろそろ恩返しの時期なのかもです。
ちょっといろいろ考えて、どういう考え方や行動を取るのが「男の子と接し、甘えられて協力できるのか」というのをちゃんと考えたいと思います・・・
男の子に助けられまくっていた時、どういう思考、行動を取っていたのか、過去の夢と現実の日記を照らし合わせて、確かめてみます。
(案外あっさり分かる気はする)

・・・

あっ 今更だけど、双子ってのは単純に力を合わせようって自分の要素だと思います。
一緒に生まれて一緒に育ち、同じ要素を持つって意味も強いです。
特に男の子は過去にも違う要素の二人組で出て来て、片方が死んでも片方が生きて後につなげるとかいう夢を見ていて、すごく臨機応変で助かりました。
いちたすいちはに。力を合わせるって、すごくいいことだ。

いま一度、どうしようもない闇に対する勇気をください(´・ω・`)