手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

男の子と手
悪に染め戻す手2021年04月28日 

かっこいい悪堕ち青年出てきた・・・・
(なぜか中華風)(趣味)(漫画的)
こんな夢見ちゃった。


アニメや漫画の世界みたいなところにいる。
もともと悪役っぽい青年キャラクターが居るけど、
何かあったのか、いい人になっていて、平和そうにしている。
正義側の人間と一緒に行動をしている。

もともとその人の仲間だった悪役の二人がいて、
今も仲間なので、そのいい人になってる青年は帰ってくる。
いっしょに寝たりする(かわいい)

いい人に染まるその子を心配するが、
また自分たちと戦ってくれる人に戻す為に、昔の悪意で染める手を伸ばす。
霧で染めるか、黒い手で染めるか、迷った。
霧は弱くて、強く戻せる黒い手を選んだ。
もっと優しい霧の方法があるのに、これでは可哀想だと思ったが、そうした。


書いてて恥ずかしいわ0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
夢をみた原因は分かってるつもりです。
ちょっとここから愚痴っぽくなっちゃうので、読む方は注意してね。

・・・

ちょっと前に、どうしても許せなくて、
珍しく我を忘れて怒りを発散してしまった事があった。
怒りと悲しみでぐちゃぐちゃになって、泣きながら辛い事をいろんな人に主張した。
この時、その人には悪気はなかったんだろうけど、自分の感情を否定されてしまった事があった。
その気はなかったとは思うが、自分にはそう感じてしまった。
これがとても辛かったので、今でも思い出して時々どうしようもない不安感と悲しみが吹き上げてくる。

やっぱり自分は、負の感情を出しちゃいけない人間なのか?
また自分が本当の悪い感情を出してしまった時に、否定されてしまうのではないか、
みんな本当の自分の気持ちを出せば、嫌うのではないかと、恐怖心がひどくなる。
見せられた方はそりゃ困るので、出さないのが一番いいのだが、それだと昔自分を苦しめた自己犠牲と我慢の生活が甦る。
その生き方そのものがトラウマになってるので、二度と戻らない為に、出すべき感情はなるべく出す方向で今は生きている。
それを意識していた分、否定されたと感じたダメージがものすごく大きかった。
ぶっちゃけ今でもいろんな人に言って共感してもらいたいです。
ほんとにわがままですが、共感してもらいたいです(重要)

・・・

これがたぶん夢をみた原因です。
自分が怒りの感情を抱くとこれを思い出してしまうようで、
共感してもらいたいんだけど、また誰かに言うのが怖くて、誰にも言えない、分ってもらえてない行き場のない感情を処理してくれたのかなって。
突然、ふと思い出しちゃうから不可抗力なんです。
自己処理だと相当時間はかかりますが、また夢に頼って浄化していこうと思います・・・

・・・

そんで遅いですが夢の内容について。
なんとなく今回は、自分にとっては複雑な第一印象がありました。
複雑な印象の夢ほど、夢主にショックを与えないようにと強い暗号化がなされた夢である事が多いです。
(緊急性があれば、暗号化が薄いショッキングな怖い夢になったりしますが)
なにが原因で夢を見たのかは分かるが、ぱっと見全然よくわからない。
でも、その出来事のせいでぐちゃぐちゃになってしまう感情の構造を、断片的にちゃんと示してくれていたと思う。
ほんとひどくて、思い出だすとそれで頭がいっぱいになってしまうから困る・・・

「悪だったけどいい人になっていた」というのが分かりやすいです。
しかも少年ではなく青年。
少年と比べて、社会的に生きる年齢というか、自由があまり利かない年齢でもあるかな?印象としては大人っぽかったです。
「いい人」は、自分にとって、争いを避ける思いやりのある人の事です。
安定していて、理想の姿だと思う。平和が一番ですし。
いいことではあるけど、本来「悪」であったその青年キャラは、「本当の自分」をどうしているのだろう。

登場物になりきって気持ちを考える、というゲシュタルト療法でも使われる分析方法がありますが、今回はそれをしないと分からなかった。
というのも、この「いい人になっていた青年キャラ」になり切っても、何の感情も浮かばなかったのだ。
ふわふわして平和に見えるが、意思がない。
意思がないって、感情がないって事だ。

本来はこの青年「悪」側の人間だ。
本当の自分の気持ちに「悪」だと思う事があったのは真実なのだ。
平和でいたい自分の気持ちも嘘じゃないけど、思ってしまっている事は仕方ない。
それを肯定しきれずに不安になっているのが、後に出てくる「悪2人」だと思う。

その青年キャラの元の仲間であった悪2人は、その青年を心配していた。
「悪」ではあるけど、その仲間に対して、深い愛のこころがあった。
「悪ではなくなった」その青年が帰ってきては一緒に寝たりするくらい愛情があります。
青年もいい人なのに、悪側の方に帰ってきて、休息として眠るのです。
そして、このままでは、とその青年の意思を聞かずに、2人は「悪」に戻す手段を取った。

これ、無理やり悪に戻すってどうなのとは思いましたが、
突然自分の性癖の話になりますが、「悪堕ち」「洗脳ネタ」大好きです。
これは単純な話で、私の好きな物語に変わった、という事ですので、
夢の先は見ていないけど、きっと熱い物語になると思います。(願望)
その話でなくても、いい人青年に何の感情も無いと感じた以上、
いい人である限り自分の意思はなさそうで、戻してもいいかと聞いても、いいよって言うか、うーんうーんと悩んで、はっきりしないと思います。
正義側の方に聞いてくる、とさえ言いそうです。自分の意思は・・・

それでもやっぱり、無理やりってのはどうなのとは思いますが、はっきり居場所はここだとホールドしておいてくれた方が、自分としては迷いません。
(黒い手の描写がそれかな。霧だとなんか雰囲気って感じで確かに弱い。)
とりあえず自分の意思を持ってほしい感じがすごかった。
無理やり戻す事を可哀想、と思うのも愛と感じたし、
この青年を自分だと思うなら、居場所がなくてフラフラしてるようにも思うし、戻してくれた方が、自分の立場と、正義側の人間と真剣によく話し合いもできそうに思いました。

なんでも、人の意見にいいよ、というの、昔の自分みたいでいやです。
青年の事をホントに想っている「悪2人」は、「悪」を否定しませんし、いい人になっていたその青年の様子自体にも、否定していませんでした。
・・・が、おそらく正義側は、その青年が悪になったとしたら「悪」になった事自体に悲しむでしょう。
なんかそれは、相手の押し付けというか、うーん・・・
ここは自分の感じた事そのものでしょうね。
相手の価値観で、自分の本気のこころを蔑ろにして量られた事が悲しかったのかな。

「悪2人」も、最初何のことかよくわかんなかったです。
3人兄弟な感じだったと思うけど、よくわかってる血のつながった身内って意味かな・・・?
余計に絆の強さを感じます(^o^)

また一緒に戦ってくれるように悪に戻す、というのも、なんか分かります。
ぶっちゃけ今の自分、そういう怒りや憎しみの感情の扱いがめっちゃヘタクソです。
だからこんなに苦しむんだと思うし0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
昔はそういう感情が出てきそうになったら、自分ころして捨ててましたからね・・・人間じゃない生き方といか。
結果的に自分の意見が言えない、人の言いなり、助けてと言えない人になっていたので、良くなかったです。(そして結局人に迷惑をかける)
自分が好きな青年の姿で出てくるのも、こういう感情を感じる事自体は大事にしていこうって意味だと思います。
これからもそういう負の感情を抱きながら、自分の一部として戦って生きていくんだと。

・・・

こうしてみると複雑でもなんでもないように見えるけど、
分析しないと、なんかごちゃついて分かんなかったです。
現にこの夢のおかげで、ちょっと気持ちが落ち着きましたしね。苦笑

ひどく個人的な内容でしたが、
ここまで読んで下さって、ありがとうございました・・・!

亨とひすい
ジャージ亨くん2021年03月25日 

ハンズでうちの本を買われた方はサイトは見ているんだろうか・・・
何はともあれ、買って頂いた方、本当にありがとうございます。
自分語りの多い、しんみりとしたメンタル道場(?)サイトですが、
ヒマな時に覗いて頂けたらと思います( ˘ω˘ )

・・・

そして絵がいろいろ省きすぎてジャージに見えない(^o^)
先日、オリジナルキャラクターの亨くんがジャージ着てる夢見て一人で笑ってました。
似合い過ぎる。かわいいです。

それはそれとて、なんかしんみりする仄暗い切ない夢を見ました。
細部はちょっと覚えられなかったんですが、こんな夢でした。
夢分析もします。


亨くんがジャージでいろんな人と一緒にいる。
お泊り会のようで、お風呂に最後まで行っておらず、夜遅くに行こうとする。
けど、なぜかふすまを挟んですぐにお風呂があり、使ってはうるさいだろうと辞める

そのまま一人でふらふら暗い暗い建物を歩き、2階へ上る。
するとそこは、ずいぶんと汚れた、昔の家の自分の部屋だった。
家が老朽化し、自室からのベランダは無くなり、
外を覗くと、屋根からツタの植物がガサガサと垂れていて、
ゆすると木のみや花びらが一気に落ちてきた。
頭にたくさん被って、髪にひっかかるほど、たくさん落ちてきた。

外の景色は、三日月が輝く美しい夜空で、
向かいの家の瓦屋根に月光が反射して、きれいだった。
とても暗かったが、一人で落ち着いていた。


この文章だけだと「私」が居ないんですが、要は亨くんの体を借りてる感じになってますね。
(亨くんはオリジナルキャラクターです)
久しぶりに「自分自身」を夢の中に持っていかない夢を見ました。
今ハンズでも販売中の夢分析本にも少し書いてあるんですが、
私は昔は「自分の姿を夢の中に持って行かない夢」が多々ありました。
(そしてだいたい自分好みの男の子になっている。めでたいあたま。)
まぁでも、わりと誰でも、自分ではない誰かになってる夢って、ちょっとは見た事あるんじゃないかなと思います。

これは、自分の別の一面を表していたり、
ありのままの自分だと体験するには怖かったり、
現実問題を直視したくなくて夢でストレス発散したり、
夢の意図はたくさんあると思います。
今回の場合、大部分は、「ありのままの自分で体験すると怖い事」な気がしました。
(ちょっとストレス発散も交じってるかもしれないですし、性質上自分の一面でもありがすがね;;)

・・・

この夢を語るには、私の「亨」というキャラクター像が重要です。
マイペース、日陰の世界の人、生命力のある生き方。
やさしい。いざという時は強い。
こういうイメージのキャラクターです。
まぁ単純に、いつも通り、ヒーローの意味でしょう。自分の憧れというか、守る存在というか。

あと、老朽化した昔の家の、自分の部屋。
これもとっても重要。
もうほんと情けないんですが、ずーっと過去の記憶に苦しんで、生きづらくしています。
そんで、だいたいその苦しい記憶って、この昔の家に詰まっている。
つい最近まで、きれいな部屋の状態で何度も出てきています。めっちゃ息づいてる。
でも、こう、家が廃墟というか、もうダメな感じになってるのって初めてかもしれない。

この家の唯一安心できる場所って、やっぱり自室しかなくて、
どんなに辛い思い出があっても、自室は自室で、自分のこころを成長させてきた大事な場所です。
でも、思い返してみると、この自室から出られない夢が多かったな。
出ていても、窓から飛んで逃げ出す夢が多く、現実味のない逃げ方をしていました。
今回も部屋から出てないけど、違うのは人が居なくて老朽化してるってとこです。
もう、この家は実質空っぽなんです。

穏やかな月夜。これから満月へ向かう三日月。私が大好きな植物。
なんか、もう無理してない気がします。
実際土台となる1階にはなんか色々いたみたいですが、これもお泊りみたいで一時的のようですし、
私自身はもう、外に飛び出して、自由になっている証拠なんじゃないでしょうか。
1階での状態がまだ気を遣ってる感じで、そこが怖いので亨くんの姿を借りて、私の部屋の様子を見てこれたのかな。

・・・

でも、これだとなんで「ありのままの自分だと怖い」になるんだろう。
これはなんか単純で、「まだ人に気を遣いがちだから」だと思います。
とても情けない。でも、こわいんだもの・・・
過去を放棄したような「廃墟のような自室」に「おだやかな景色」を見て、
「一人でいる事で落ち着いている」状態でした。
まだ素の自分が自然にそういう状態に至る前に、人との関わりに恐怖を抱いている気がします。(1階の夢の描写)

これ、もし自分の姿を夢に持ち込んで同じ状況だったら、
きっと勝手に2階とか行かないで、こんな思考回路になっています。
・お風呂うるさくて迷惑かけちゃう
・でも誰かに許可取らなきゃ、謝らなきゃ
・こんな遅くになっちゃって申し訳ない
・明日でもいいけど行くって言っちゃったしな
その他ごにょごにょ・・・

亨くんという姿と思考回路を使うと、
やっぱ迷惑かけるし別に明日でもいいし、
このままふらふらするか、ってなるんですね。マイペースだから。苦笑
バランスよく人の事考えながら、自分がふとしたい事を素直に実行する人です。
周りにお風呂行けばよかったのにと言われても、いやなんか別にいいかなと思ってやっぱ辞めた、とか言いそう。
やっぱり憧れが入っていますね。こうなりたいというか。
実際の自分との差が明確にあります。

・・・

また何言いたいか分からなくなってきたけど、
とにかく、老朽化していても自分の部屋が落ち着くいい場所だなぁと思えたのは、幸せな夢でした。
人の目が気になる所はあっても、比較的昔よりぜんぜん自分を好きになれてるのだと思います。

あと、直接描写はありませんが、亨くんは「死」に寄り添いますので、
老朽化した植物に埋もれ気味な描写と併せて、「再生」の意味も持つと思います。
なんかいい兆しだと思います。
それに夜なら、あとは夜明けになるだけですし。
植物の状態も、実と花が同時に落ちていて、もう終わりです。再生再生!

こんな夢、夢占いの辞書だけじゃ解けないわ。
辞書頼りじゃ亨くんの解釈で詰みなので0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
あと今更だけど、ジャージなのは更なるゆるさの強調だと思います。笑
ほんと夢分析知ってよかった。

流夢と夢の魔
男の子と自分の闇2020年10月05日 

流夢くんは、ぐちゃぐちゃに渦巻く夢の闇に
ダイブしても耐えられる、折れない刀身です。
光にも闇にもなれる順応性を持つので、夢主の闇を傷つけずに、光を汚さずに、夢の中を動く事ができる。

完全に自分視点のお話になるけど、
度々自分の夢の話に出てくる、「ヒーロー的な男の子」について。
ちょっと長いです0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_

・・・

みんなは「助けてくれる、頼りになる人物」って、
夢の中では、どんな姿や行動で現れるのだろう。
私は、もう昔から「ダークヒーローのような男の子」と決まっています。
漫画のダークヒーローや、鬼少年に出てくるような人物とか、
必ず「闇を操る、順応できる、対抗できる力」の要素を、
どれか一つでも持っているヒーローです。
見た目の年齢は少年から青年あたりまでで、
若いですが、漫画のヒーローにありがちな設定です。しゅきでしゅ。

私は、小さい時から本当に怖がりです。
前々の記事から書いている「部屋の夜の暗闇」に対して怖がって動けなくなったり、
怖いドラマとか見たら一人でトイレいけなかったし、
そのトイレの水を見ていても吸い込まれそうで怖くて、本当に怖がりでやばかったと思います。
夜の救いは目をつむって見る夢で、夜の闇の怖さを乗り越えていました。

・・・

また、小さい頃から、少年漫画のヒーローの強さにも惚れていて、初恋もアニメの男の子だったと思います。
ええ、オタクまっしぐらですわ。
まぁそれは置いといて、その中でも、クールなキャラを好きになりがちでした。
自分にはない部分です。なにもかも、自分にはできない部分。

相手に対するはっきりとした態度、
冷たくできる、
一人でもやっていける、
悪に対してブレないで対応できる。
本当にかっこいい。自分には、どれもできない。

そういうキャラが夢に出てきて、リアルに小さい頃は夢女子状態だったかもしれませんね。笑
(アニメのキャラを彼氏妄想したりする楽しみ方を夢女子という・・・)
まぁ幼少期なんてみんな夢見がちなので、子どもには、よくあります。
でもそうして、ずっと助けられていました。
そして、そのキャラのようになりたかった。
一人でも平気な強さ、悪にも負けない、堂々とした態度。

引かれるかもしれませんが、それを現在まで夢見続けています。
今でこそそういった夢は減ってきているのですが、未だにメンタルやられてる時なんかは、普通に見ます。
そして、救われます。勇気をもらうんです。足りてない部分を、夢でもらうんです。
他人から発せられても、自分のこころから発しても、
悪意というものに滅法弱いメンタルだし、
元々体力もあまりなくて弱い方ではあるので、弱い自分が嫌いな部分があります。
それでも守ってくれたり、肯定してくれたりする、自分の中の男の子。
本当にありがたい。

・・・

悪意に弱いと書きましたが、最近は他人からぶつけられても、
自分から発しても、わりと受け止めて、認められるようになってきました。

昔は耐えられず、認められず、他人に対しても自分に対しても悪意を持つことを許せなかった。
それが生き方で苦しむ原因だったのか、最近は、男の子が夢の中で悪い事してます。
笑って人を焼いたり刺したり食べたり、悪霊を仲間だと言ったり、大人にあかんべーしたり。
とてもやんちゃです。笑
そりゃ現実にそんなことしたらマズイに決まってますが、夢の中の事です。
私が思う大人というのは、倫理観がしっかりして冷静に事を対処できる人だと思っています。

悪意って、たいてい子どもっぽいじゃないですか。
大人になるとそれを制御しないといけない。
でも、制御するというのは、なかった事にして抑え込むという事じゃなくて、
その感情を受け入れて認めてから、発散するのが大事なんだなって思います。
アウトプットです。
それに、自分の中に存在するものを、無いと否定するのは、自分の存在否定と同じです。

私が好きなダークヒーローな男の子が、夢の中で悪い事をしている。
大好きな勇気をくれる存在が、「悪い事をしている」
これは、悪意を認めていいよ、という男の子のメッセージだなぁと感じています。
悪意を持ってしまった、感じてしまった事を認めずに、自分を責めてしまう傾向があったので、
「悪意を持つこと」自体を認められれば、その自分も受け入れられる事になるので、
こころが軽くなるように作用してくれています。

そしてここに、ダークヒーローに惹かれ続ける理由があるなぁと思いました。
ダークヒーローは、こころに闇がありながら、呪われた力を持ちながら、
自分の信念がしっかりあり、他人の悪意とか関係なく、自分の悪意も認めて動きます。
傷つきながらも泥まみれに足掻いて、必死に生きるのがダークヒーロー。
怖がりな自分は傷つきやすくて情けないけど、そんなダークヒーローのように強くなりたかった。

それに、子どもの頃から悪い事はすごい剣幕で叱られたし、ものすごい否定された。
言葉遣いとかも厳しくて、けっこう最近までものすごく気を遣っていた。
(最近はゆるくなって汚い言葉も言ってると思う。笑)
もしアニメゲームがなかったら、「悪」が存在する事について考える事はなかった可能性があります。
こころの底で、悪い事をする自分も許してほしい気持ちが強かったのかもしれませんね。
もちろんそれで倫理観が崩れずに、社会で生きる為の正しい道徳を学んで育った自信はあります。
それは感謝ですが、まじで悪意に弱くて苦しんだのも事実なので・・・

こころの支えを作ってくれたいろんな作品に、この世の中に、感謝です。
そしてその足りない部分を補い続けてくれた、自分の夢の中の男の子に感謝です。
昔から怖かった暗闇やトイレの水とかも夢に出てきていたけど、
夢を楽しむうちにいつの間にかぞくぞくする感じで好きになっていったし、
今も怖いとはいえ、人間の恐怖感って面白れぇなぁHAHAHAって気持ちになるので、
だいぶ大人で、強くなったなと思います。笑
こうやってずっと自分の闇に向き合い続けられたし、
自分のこころの闇とか恐怖に向き合うというのは、とても面白く思います。
これからも宜しくお願いしたいです。かっこいいし!!!

あぁぁ、かっこよくなりたいなぁ
こんなに長いの最後まで読んでくれて、ありがとね。
みんなのこころの中、夢の中にも、こういうサポートがある事に気付くと、自分を守ったり、鍛えられると思うよ。