手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

流夢と夢うさぎ
夢占いと夢分析2020年10月11日 

夢占いと夢分析を混同する人がいると思うので、それに対するメモです。
この記事はそのうち夢読みコンテンツに記録しておきたいですね。
あんまりたくさんの人の意見を聞いたわけでも見たわけでもないので、完全な自分の印象で話します。

私は、夢が元々好きだから、夢との距離が近くて楽しめています。
それは誰でも可能で、夢を覚えにくい人は大変だそうですが、そういう方でも、夢を見る、覚えるコツはあるそうなので、やはり興味があるかないかで、夢への関心の薄さや恐怖心が減らせます。

・・・

夢は自分自身で、自分の事をよくわかっている無意識の手紙です。
ただ、その手紙は、現実の自分たちの意識では読み取れない言葉で書かれているので、
解読、すなわち夢分析して夢の内容を理解する必要があるのです。
この「夢分析」を全く知らないという人がとても多いように思う。

それは仕方ないと思う。
多くの人は、少しでも気になる夢を見たら、夢について調べようと思うでしょう。
でも、今のその調べる手段って、みんな何で調べるかと言ったら、たぶんネットで調べるんです。
海の夢、殺す夢、飛ぶ夢、食べる夢、みんな、こういったワードできっと検索をかけるんです。
そうするとどうなるでしょう。
「夢占い」ばっかり出てくるんですよ。
これでは良くないです。
結果的に、当たらなかったりして夢に対して不信になったり、占い結果によっては、夢を怖がります。
(そういう私も結果が怖くて、夢占いを信じずに避けた時期がありました)

それはなぜかというと、ネットの検索で出てくる「夢占い」は、
本当にひとつひとつ、他人に意味を決められたキーワードに当てはめるだけで、
夢の内容を他人に任せて、診断を下してしまう。
完全な人任せ、他人の価値観での判断になってしまうんです。
その夢占いの内容を書いた人は、夢を見たあなたの事をどれだけ分かっていますか?
おそらく、ほぼ、知り合いでもない限り、全く知らない人となるでしょう。

あとこれは完全な私怨ですが、今の時代、夢占いサイト多すぎます。
昔はもうちょっと落ち着いてたのを知っているので、いくらなんでも増えすぎっていうレベルで、見ていてなんか辛いです。
こんなんじゃ凝ったコンテンツ探しづらくて、情報過多で本来落ち着いて探すべきなのに落ち着かず、
余計に夢に不信感や恐怖心、またはめんどくさいからいいや~となる人が増えてしまう気がします。
(余計な心配ですが!)

・・・

ここで、最初に語った言葉を思い出しましょう。
「夢は自分自身」「自分の事をよくわかっている無意識の手紙」です。
つまり、その夢の手紙の内容を一番よくわかってやれるのは、夢を見た自分自身だけになります。
他人を参考にするとしても、本当に身近な親しい人になるでしょう。(または本当の専門家です)
なので私は、夢に興味があるけど結果が当たった事がない、
もしくは不安で怖くなる、という人には、
夢占いの事は一切忘れて、心理学の夢分析の本を読んで頂くのが一番良いかと思っています。
(夢診断・夢判断などいろいろありますが、夢分析という名称なら確実に心理学系のものになります)

おそらく全く違うアプローチの仕方に驚きます。
このサイトでも分析の仕方を掲載していますが、本をお読みになった方が詳しく書かれているので、確実にものにできます。
ただ、夢分析にも弱点があります。
それは、分析するのにとても根気がいる、自分の闇と向き合う事になる、という部分です。
なので、気力もいりますし、自分のこころの闇に向き合う勇気も必要です。
そこまでして夢の事を、自分の事を知るのは恐ろしいと感じるなら、まだその時ではないと思うので、気にしないで、普通に睡眠をとって、悪い夢を忘れる方が良いなと思います。
本当に、やってみたい!と思った時で良いと思うのです。
ただ、夢の事を怖いと思う間は、夢占いは辞めた方がよいです。
夢占いはキーワードを調べるだけで簡単に意味を示してくれますが、それが怖い結果になった場合、余計に苦手になってしまうと思います。

夢占いも、全く参考にならないわけではないんです。
むしろ、夢分析を学んで少しでも取り組んだ後なら、考え方の参考になる事が多いです。
ここをどう解釈したら良いかわからない、という時に、夢占いの辞書を引くと、
解釈の道しるべになりますし、合っていなければ、記載されている以外の考え方をすればよいという消去法にも使えます。
ぶっちゃけ夢占いのキーワードの意味って、わりと著者によって書いている事が違ったりします。
少なからず、著者の主観が含まれています。それくらい曖昧なものなのです。
結局は一番大事なのは、自分が何を感じるかなので、本当に夢占いは参考までにしかなりません。絶対的な結果ではないのです。

・・・

だから、自分自身を理解したかったり、夢に興味があるなら、自己で行う夢分析をめちゃくちゃおすすめしたい。
ただ、自分が嫌いだから夢も嫌い、嫌な事思い出すから夢が嫌い、
という人も会った事はあるので、ほんとに万人に良いとは思っていません。
自分が嫌いってもんのすごいわかるぞ!
嫌な事とか誰でも思い出したくないしな!
それは別に悪いことじゃないからな!仕方ない!

繰り返し私が言いたいのは、夢の内容が事がどうしても気になる、
夢に興味があるのに、夢が怖いと思う人は、絶対に夢分析をしてみてほしいって事です。
特に、悪夢だと思ったものは、分析結果にびっくりする。
めちゃくちゃ夢に対する印象が変わりますので・・・!
それに、夢分析をしてる間は瞑想に近いと思います。
結果がはっきりしなくても、こころが落ち着いていると思います。
夢分析って、自分をものすごく大事に考える行為なんです。
ほんと・・・夢はこわくないよぉ・・・((´・ω・`))

流夢
離人症と明晰夢2020年10月11日 

夢で会える 体外離脱入門」著者:高羽そら
この本をさっき途中まで読みました。
けっこう前置きが長くて、それを読むのに時間がかかって、
途中で読むのを辞めてしまっていた本でしたが、さっきふと読む気が起きて、途中まで読んできました。

明晰夢の本です。
もっと言うと、明晰夢を越えて、自分の体から意識が抜け出す体外離脱の入門書です。
そんなの大丈夫なのか!?と思うかもしれませんが、ものすごい軽い気持ちで書いてある面白い本です。笑
夢は誰でも見てるじゃないですか。
誰でも見れる夢だから、夢から入れば、誰でもできる事ですよ、というのを書いてるんですね。

自分は明晰夢に興味がありながらも、やれなくてもいいや、と思っていました。
むしろやるのを怖がっていたかもしれません。
明晰夢は見たことはあるっちゃあると思うんですが、曖昧です。
前どこかの記事でも書きましたが、自分に一番多い夢の現象として、
「夢の中ではっきり複雑な思考をして行動を選択している」というものがあります。
これは明晰夢に近いようで、でも、夢の中で夢と思っていないので、微妙な感じなんです。

普通は逆だと思うんです。(夢なので普通はよくわかりませんが)
夢と知覚してから、夢の中で思考ができるようになり、自由に行動できるようになる、というのが一般的な明晰夢の順序だと思うんです。
自分は、「夢の中で夢だと自覚する」という部分だけ、はっきりと抜けてしまっている。
ただ、夢とは自覚していないので、その夢の中の範囲でできる思考しかしていません。
現実の思考力まではやっぱり持ち込めていないと思います。

これには原因がはっきりわかっているつもりです。
「夢の中に現実の意識を持ち込みたくない」からだと思います。
これも原因があって、本当に昔から怖がりで現実が怖くて、夢に逃げていたからです。
夢に助けを求めて、現実の事を忘れる。
我慢強くて、理性が強すぎるので、現実でのこころの圧迫感がとてもすごかった。
でも、夢ならそれを開放して、めちゃくちゃな世界で暴れられる。これがストレス解消になっていた。
そういう夢との付き合い方をしてきたから、
明晰夢の一番の特徴である「夢の中で夢と自覚し、現実の意識を持つ」という事に、強い抵抗感があったんです。
現実の自分の思考なんか持ち込んだら、また自分のこころを縛って行動してしまいそうだったから。
だから、明晰夢を見れなくてもいいと思っていた。

・・・

本を読んで、明晰夢を見るのに必要な初歩的なステップがよく分かった。
夢を覚えられない、馴染みがない人でも分かるように書かれていた。良い本です。
それらを読むと、本当に自分に足りないのは、やっぱり、夢の中で夢だと自覚する事だけだった。
夢日記も、夢を覚える事も、夢のパターンも、すべて問題ないので、あとはそれだけ・・・
でもそれが厄介だ。
なんせ、今まで夢に現実の意識を持ち込みたくなかったから、何年もそういう気持ちで夢を見ていたから。
それに、今の自分は離人感も強く感じている。
現実にいながら、現実味のない日々を送っている。
現実だとは分かるが、夢のような気もする。現実だと判断はできるが、その実感が薄い。
だから、「現実」と「夢」の境界が、地味に曖昧なのだ。

本に書いてあった、夢の中で夢を自覚する方法、
理屈はものすごい分かる。この方法なら、間違いなく行けると思った。
でも、その方法だと、離人感がものすごい邪魔な事に気付いた。
現実でも夢のような感覚なのに、そんな弱い意識を夢に持ち込めるのかがとても不安で・・・
むしろ夢の中の方が強い意識を持っている感覚があります。生き生きとしています。
この本の方法は、現実の意識がはっきりしている、正常な人向けだと思った。
ただ、やってみないと分からないので、書いてある通りには取り組んで見ようと思う。
やっているうちに、現実の意識にも変化が現れるかもしれないからね。

・・・

明晰夢に取り組みたくなった理由として、この離人感を治したいというのが大きい。
心理カウンセラーさんの本で、離人症に悩まされていた人が、夢を夢と自覚して明晰夢を見ているうちに、離人症が治ったというものを読んだことがあって、自分もその効果を頼りたくなった。
治る理屈は何となくわかります。
夢は現実の意識とリンクしていますし、表裏一体です。
夢でも現実の自分のこころをはっきり持って行く事ができれば、夢と現実での差がなくなって、こころのピントが合っていくんです。
(伝えにくいけどほんとにそうだと思う)

自分の離人感の原因はよくわかっている。
仕事で理不尽な怒りをぶつけられたショックで、それ以来全く治らない。
現実でこういう事がまたあったら怖くて、自己防衛で現実味を無くしているのだと思う。
うつ病から復帰した際、一度治ってはいたのに、社会復帰中のそういう仕打ちで、また戻ってしまった。
それ以来、何年もこのままで、本当につらい。
自分のこころと現実の間に、強固な防衛壁を固めている感じ。
ただ、現実が見えないと危ないので、とても分厚い透明のガラスの壁になっていて、見えるけども、見え方がぼやけてフィルターがかかっている感じ。
そのおかげで助かったことは何度もあったけど、自分が好きな事でさえ感動が薄まって、これでは楽しくない。
いい加減治したくて、でも傷つきたくないから離人症になってしまっているので、このフィルターがはがれたら怖いんだろうなとも思う。
完全に、こころの傷の問題です。

夢に現実の意識を持ち込みたくない、という夢との付き合い方も、変えるには勇気がいる。
今まで安定した逃げ場であった夢の世界を、大きく変えるという事だ。
現実を忘れたくて夢を見ていたのに、それをなくす行為にも思うから。
実際は、違う世界だと思うので、そんな怖いことはないと思う。でも怖い。
明晰夢を見たとして、そこから何がしたいかを、しっかりイメージしていきたいと思う。
そうしないと、いつまでたっても怖くて、変わらないんだろうなと思う。

ここ最近本当にぼーっとしていて、怖い夢も見続けるし、
心理的に進歩がないように思うので、変わるキッカケ作りになったらいいなぁと思います。

流夢と夢の魔
男の子と自分の闇2020年10月05日 

流夢くんは、ぐちゃぐちゃに渦巻く夢の闇に
ダイブしても耐えられる、折れない刀身です。
光にも闇にもなれる順応性を持つので、夢主の闇を傷つけずに、光を汚さずに、夢の中を動く事ができる。

完全に自分視点のお話になるけど、
度々自分の夢の話に出てくる、「ヒーロー的な男の子」について。
ちょっと長いです0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_

・・・

みんなは「助けてくれる、頼りになる人物」って、
夢の中では、どんな姿や行動で現れるのだろう。
私は、もう昔から「ダークヒーローのような男の子」と決まっています。
漫画のダークヒーローや、鬼少年に出てくるような人物とか、
必ず「闇を操る、順応できる、対抗できる力」の要素を、
どれか一つでも持っているヒーローです。
見た目の年齢は少年から青年あたりまでで、
若いですが、漫画のヒーローにありがちな設定です。しゅきでしゅ。

私は、小さい時から本当に怖がりです。
前々の記事から書いている「部屋の夜の暗闇」に対して怖がって動けなくなったり、
怖いドラマとか見たら一人でトイレいけなかったし、
そのトイレの水を見ていても吸い込まれそうで怖くて、本当に怖がりでやばかったと思います。
夜の救いは目をつむって見る夢で、夜の闇の怖さを乗り越えていました。

・・・

また、小さい頃から、少年漫画のヒーローの強さにも惚れていて、初恋もアニメの男の子だったと思います。
ええ、オタクまっしぐらですわ。
まぁそれは置いといて、その中でも、クールなキャラを好きになりがちでした。
自分にはない部分です。なにもかも、自分にはできない部分。

相手に対するはっきりとした態度、
冷たくできる、
一人でもやっていける、
悪に対してブレないで対応できる。
本当にかっこいい。自分には、どれもできない。

そういうキャラが夢に出てきて、リアルに小さい頃は夢女子状態だったかもしれませんね。笑
(アニメのキャラを彼氏妄想したりする楽しみ方を夢女子という・・・)
まぁ幼少期なんてみんな夢見がちなので、子どもには、よくあります。
でもそうして、ずっと助けられていました。
そして、そのキャラのようになりたかった。
一人でも平気な強さ、悪にも負けない、堂々とした態度。

引かれるかもしれませんが、それを現在まで夢見続けています。
今でこそそういった夢は減ってきているのですが、未だにメンタルやられてる時なんかは、普通に見ます。
そして、救われます。勇気をもらうんです。足りてない部分を、夢でもらうんです。
他人から発せられても、自分のこころから発しても、
悪意というものに滅法弱いメンタルだし、
元々体力もあまりなくて弱い方ではあるので、弱い自分が嫌いな部分があります。
それでも守ってくれたり、肯定してくれたりする、自分の中の男の子。
本当にありがたい。

・・・

悪意に弱いと書きましたが、最近は他人からぶつけられても、
自分から発しても、わりと受け止めて、認められるようになってきました。

昔は耐えられず、認められず、他人に対しても自分に対しても悪意を持つことを許せなかった。
それが生き方で苦しむ原因だったのか、最近は、男の子が夢の中で悪い事してます。
笑って人を焼いたり刺したり食べたり、悪霊を仲間だと言ったり、大人にあかんべーしたり。
とてもやんちゃです。笑
そりゃ現実にそんなことしたらマズイに決まってますが、夢の中の事です。
私が思う大人というのは、倫理観がしっかりして冷静に事を対処できる人だと思っています。

悪意って、たいてい子どもっぽいじゃないですか。
大人になるとそれを制御しないといけない。
でも、制御するというのは、なかった事にして抑え込むという事じゃなくて、
その感情を受け入れて認めてから、発散するのが大事なんだなって思います。
アウトプットです。
それに、自分の中に存在するものを、無いと否定するのは、自分の存在否定と同じです。

私が好きなダークヒーローな男の子が、夢の中で悪い事をしている。
大好きな勇気をくれる存在が、「悪い事をしている」
これは、悪意を認めていいよ、という男の子のメッセージだなぁと感じています。
悪意を持ってしまった、感じてしまった事を認めずに、自分を責めてしまう傾向があったので、
「悪意を持つこと」自体を認められれば、その自分も受け入れられる事になるので、
こころが軽くなるように作用してくれています。

そしてここに、ダークヒーローに惹かれ続ける理由があるなぁと思いました。
ダークヒーローは、こころに闇がありながら、呪われた力を持ちながら、
自分の信念がしっかりあり、他人の悪意とか関係なく、自分の悪意も認めて動きます。
傷つきながらも泥まみれに足掻いて、必死に生きるのがダークヒーロー。
怖がりな自分は傷つきやすくて情けないけど、そんなダークヒーローのように強くなりたかった。

それに、子どもの頃から悪い事はすごい剣幕で叱られたし、ものすごい否定された。
言葉遣いとかも厳しくて、けっこう最近までものすごく気を遣っていた。
(最近はゆるくなって汚い言葉も言ってると思う。笑)
もしアニメゲームがなかったら、「悪」が存在する事について考える事はなかった可能性があります。
こころの底で、悪い事をする自分も許してほしい気持ちが強かったのかもしれませんね。
もちろんそれで倫理観が崩れずに、社会で生きる為の正しい道徳を学んで育った自信はあります。
それは感謝ですが、まじで悪意に弱くて苦しんだのも事実なので・・・

こころの支えを作ってくれたいろんな作品に、この世の中に、感謝です。
そしてその足りない部分を補い続けてくれた、自分の夢の中の男の子に感謝です。
昔から怖かった暗闇やトイレの水とかも夢に出てきていたけど、
夢を楽しむうちにいつの間にかぞくぞくする感じで好きになっていったし、
今も怖いとはいえ、人間の恐怖感って面白れぇなぁHAHAHAって気持ちになるので、
だいぶ大人で、強くなったなと思います。笑
こうやってずっと自分の闇に向き合い続けられたし、
自分のこころの闇とか恐怖に向き合うというのは、とても面白く思います。
これからも宜しくお願いしたいです。かっこいいし!!!

あぁぁ、かっこよくなりたいなぁ
こんなに長いの最後まで読んでくれて、ありがとね。
みんなのこころの中、夢の中にも、こういうサポートがある事に気付くと、自分を守ったり、鍛えられると思うよ。