鬼少年

トップ > ギャラリー > 鬼少年 > 東家の紹介

鬼少年 世界設定

鬼少年 東家の紹介

東 亨 (あづま とおる)

母が甦鬼で、父が人間の、甦鬼と人間のハーフ。
14歳の中学生。身長は170cmくらい。
お父さんは病気で亡くなってしまっている。
生まれたときはツノも無い普通の人間だったけど、
いろいろあって亡くなったお父さんを食べて甦鬼寄りの人間になった。
それ以降は適度に人間の死体を食べなければ死んでしまう体質に。
あと、鋼鉄の胃袋になって、生き物以外は何を食べても平気な体質になった。
毒は効きません。
生き物が食べられない、と聞くと普通の事かもしれないけど、
まず食べるために殺す、という行為が甦鬼のルールでできないし、
死体を食べる際の虫とかが小さくて大変で、
めちゃくちゃ気を遣う。道端のアリとかも踏めないから怖い。

いつもぼんやりしていて気が抜けている。
あまり驚かず、表情も大きく変わらない。
基本的にはおおらかな性格で、怒らないし細かいこと気にしない。
でも命を粗末にするやつは許さない。めちゃくちゃ怒る。
怒るとまさに鬼の形相。ツノもツメもキバも伸びてえらいこっちゃ。

親友の留といつも一緒に学校へ行く。
兄弟たちと森へ死体捜索。
人間が多くなって自然の世界の肩身が狭く、
死体が手に入れにくくなってる世の中、
人間社会にも出られる自分が兄弟たちに役に立てるよう、
毎日がんばって生きてます。

お母さんからは、死体をかじると死ぬ前の記憶が分かる能力が遺伝。
これが原因で人間としてかなり苦しんだ経験が多い。

天丸 (てんまる)

亨くんのお兄ちゃん。一番上です。
全長3mくらいで、とてもでかい。
お母さんが一番最初に生み出した子供で、もう1000年は生きている。
自立しているので別居であり、遠く離れた海で甦鬼の使命を全うしています。
魚を一番多く食べているので、うろこができている。
甦鬼に戻ってる時はたま~に海の死体をおみやげに帰省してくるときも。

母親が人間になってしまった時も驚いたけども、
その後人間と結ばれて人間の子供ができていた事にも驚いた。
けど、別に生き方がそれぞれみんな違うのが当たり前な甦鬼なので、
海のようなおおらかさですぐに慣れた。
亨くんが小さい頃は少しだけ留まってお守りしてたこともあります。
やさしいです。

お母さんからは液状化の能力が遺伝。
水分に近いので、油からは浮いてしまう。

太郎 (たろう)

亨くんのお兄ちゃん。二番目の子。400歳くらいです。
50cmくらいであまり大きくはないけど、ふくよかで重い。
虫の死体が大好きで、特にセミが大好き。
夏はごちそうの季節だと思ってます。
長年、虫を多く食べているせいか、背中に羽のような突起ができてる。

とても面倒見がよくて、亨くんの小さい頃をずっと支えていました。
山での危ない散策も無事に過ごせたのは太郎くんのおかげです。
重くても飛べるから、人間の姿のお母さんよりは小回りが利いていました。
ゆっくり動く事が多く、いつも落ち着いています。
亨くん以外の下の兄弟もまだ小さいので、気にかけているようです。

お母さんからは異常に強い嗅覚が遺伝。
風向きや障害物にもよるけど、1km以上離れたところから
死臭をかぎつける事がとても多い。

ひすい

亨くんの妹。14歳です。30cmくらい。
亨くんが生まれて少し経った時に生み出されました。
ツノが長めで瞳が黒ではなく、透き通っている。

亨くんと一緒に育ったので、亨くんと一緒にいる事がすごく多い。
ちょっとおとなしい性格で、あんまり山から出ようとしないし、遠出もしたがらない。
地元が大好きです。
植物が好きだけど甦鬼だから食べられないので、草食動物をたくさん食べて
将来的には草食動物になっていきたいと思っている。
草木をぼんやり眺めてることが多い。

お母さんからは透過の能力が遺伝。
物質の透視もできるし、自分の姿を透明化したりもできるし、
触れているものを見えなくすることもできる。

かける

亨くんの弟。10歳です。30cmくらい。
亨くんが甦鬼寄りになる少し前に生み出されました。
目がぱっちり開いていて目力がすごい。

好奇心旺盛でいろんなとこにひゅんひゅん飛んでいく。
亨くんの学校に来ちゃった事も。(ラジコンでごまかされた)
行動力がすごいので、亨くんが死体食べなさ過ぎて倒れた時とかは
真っ先に行動して助けようとするとてもいい子。
将来は動物図鑑で見たキリンになりたいと思ってるらしいけど、
日本でキリンの死体を食べるのは困難だ・・・・がんばれ・・・・

お母さんからは神速の能力が遺伝してる。
ほぼ瞬間移動くらいの速度で移動ができるので、
人里で見つかっても気のせいか、と思われて、かえって安全。

ふわり

亨くんの妹。4歳です。30cmくらい。
一番下の兄妹で、亨くんもすごくかわいがっている。

ものすごくのんびり屋で、基本的にずっと目を閉じている。
寝てることがとても多いし、ちょっとやそっとでは起きない。
そっとしておこう。
おうちにいるとすり寄って一緒に寝ようとするので、とってもかわいいです。
あと、他の兄妹よりなんか体がふわふわしてる。
こんな子だけども、甦鬼は命を大事にしないやつには容赦がないのです。
怒ると目を開いて噛みつきます。わるいやつだ!がぶがぶ。

お母さんからは催眠能力が遺伝。
眠らせるのが得意です。安眠にどうぞ!
たぶん成長するといろんな催眠術で記憶操作もできるようになる。

東 久遠 (あづま くおん)

亨くんや他の兄妹のお母さん。
平安時代くらいから生きてる甦鬼の親玉みたいなものです。

太郎くんを生み出した後、甦鬼の輪廻転生で人間になった時、
事情で人間の状態で人間を食べた為、亨くんと同じ半甦鬼になって
人間の死体を食べないと死んでしまう体になった。
ただ甦鬼として生きた時間がとてつもなく長いので慣れており、
亨くんと違って人間の死体を食べる事に抵抗はない様子。
いろいろあって人間と結婚して、人間として亨くんが生みました。
久遠という名前は、人間の結婚相手の方がつけてくれたものです。
他の兄妹たちが生まれる理由はよくわかってないようです。笑

とってもおっとりしていて楽観的な性格。
あらあら~が口癖。
優しいけどもやっぱり鬼は鬼なので、怒ると怖いです。
昔の甦鬼の姿は天丸よりも体格がでかかったそうです。

様々な神通力を持っていて、そのおかげで人間社会にも出られる。
その能力が兄妹たちにそれぞれ一つずつ遺伝している。
体質は亨くんと似通ってて、何を食べても大丈夫。

鬼少年 世界設定

ページトップへ