手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

どろどろと流夢
どろどろ目玉2021年06月13日 

最近ちょっとわたわたして更新が減りそうなんですが、元気です!
また落ち着いたら創作の続きしたいな・・・

たぶん疲れてるだけなんだろうけど、こんな夢を見ました。


どろどろの目玉がたくさんついたものが
自分の体から溶けてきて、そっちが自分になる。
めっちゃ妖怪っぽい。
その状態だとなんか周りの人にすんごい見下されて、くやしくて、
めっちゃ早く移動して追い越していく。
目指す場所は建物の高い場所で、一番乗り。


なんか久しぶりに気持ち悪いものを見たんだけど、不思議と不快感はなくて、
まぁ、疲れてるんだけど、上手いこと付き合えてるんだなと思いました。
以前の手記でも書いた事なんだけど、私はこういう目玉大好きなので、憧れのダークなものと融合して本体になるのもうなずける。
やな気分を自分の一部として受け入れてるんだね。
(昔は気持ち悪いものに引っ付かれてる夢を見てた。)

そして、なんだかんだ今は生活の再構成の時期です。
どろどろに溶けて頑張る時期。蝶のさなぎみたいだね。笑
(蝶のさなぎって変態中は中身どろどろらしいです)
高いところを目指すのも、今は全体像が分からないので、まずは登っていくのはいいことだなと思いました。
こんなドロドロで必死に動いてんのおもしろすぎる。
うおおおお!!!!!

まぁ疲れてんのはすぐに分かったので、あんまり力を入れて夢分析せずに、ゆっくり夢を感じて生活しています。
しぜんた~いヾ(:3ノシヾ)ノシ

最近他にも、寝起きの気分は悪くないけど、客観的に見ると気持ち悪い夢を見続けているので、いろいろ自分の中で忙しいんだなと感じています0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
でも、更新頻度落ちても元気です!!!

夢うさぎ
こころのピント2021年06月02日 

昨日、驚く事が起きた。
自分はきっと、明晰夢と言えるような夢をもう見ないのだろうと思っていた。
その理由は下記の記事に書いてある通り、「現実の意識を夢に持ち込みたくない」というものがでかいと思う。

 →「離人症と明晰夢」

・・・

今回夢を見て、はっきりと「自分の意識」を持ち込んでしまった。
夢の中は、こんな感じでした。


絵が置いてある。色鉛筆の絵で、ぱっと見とても綺麗に描いてあった。
表面の質感をもっとしっかり見たくて、でもなんか見た目がぼんやりしていて、全然近くで見ている感じがない。
こんなに顔を近づけてるのに、ぜんぜんはっきり見えない。
もっと!見たいから!ちゃんと見えて!
と思っていたら、急に視界がはっきりして、絵の表面の細かい部分が見えてきた。
・・・と同時に、あれ、これ夢か、となんの脈絡もなく気付いた。

(ここから明晰夢)
夢だと気付いた瞬間、すぐに意識が離れる感覚があった。
咄嗟に本で学んだ意識定着のコツを試したら本当に意識が明晰夢から離れなくて驚いた。
意識が離れそうになる度に、特定のその行動を取って意識が離れないようにした。
でも、あまりにも現実の意識すぎて、
いつも軽やかに飛んでいたのに重くてうまく飛べなくて
(ちょっと飛べた)
体の重さが際立ち、しんどくなって、そのしんどさにこころを捉われて意識が離れ、目が覚めた。


まぁなんか・・・こういう明晰夢の見方をした、というのも、本を読んだからってのはありそうで、面白いですよね。笑
この日はめっちゃ不眠で、たぶん24時間以上ぶっ続けで起きてて変になってました。
二度寝の感じと同じで、浅くて質の悪い眠りだったと思う。
(二度寝の夢ってけっこう疲れるって感覚昔からある)
なので、健康でいるうちは自分はそう明晰夢を見る事はないだろう。
ランダムな夢が基本好きなので、進んで見たいとは思わない・・・かもしれない。
ちょっと、楽しかったヾ(:3ノシヾ)ノシ

夢の中で意識的になれるとはいえ、無意識の方が力は上なはずなのです。
なので自分が本来、自然に持ってる考えが基準になるのですが、
本で学んだ明晰夢の意識定着の方法、とっさに出て来てすぐ試せるなんて、どんだけ気になってたんだよっていう。笑
本を読んだ後、現実で数日練習して終わってただけで、もう何か月も練習してなかったのにね。おもろい。
ちょっと本の内容とは違う形で利用したけど、役に立ちました。ありがとうございました。

・・・

その本で書かれている意識定着は、すんごい簡単です。
手の平を見て、これは夢なのか?と常に疑うくせを付けること、という内容なのですが、まぁこれ、要はなんでもいいんです。
手の平じゃなくていいというか。
自分で気付けるパターンがあれば何でもいいみたい。
今回自分がこの手をそのまま使えたのは、
絵の細かいとこが見えない!っていう視界的なピントの合わなさに、自分の手が同じテーマを連想できて合っていたんだと思います。
(自分の手の平めっちゃしわ多くて複雑だからハッキリ見るの大変で・・・)

今この話しているとすごいオカルトチックで何言ってんだコイツ感すごいけど・・・
ほんとに明晰夢をはっきり見たの初めてなので、感動しました。
あと、起きた後、前から言ってる離人症が薄れて、びっくりしました。
こりゃ何か変わるキッカケだと確信しました。

今はまた戻っちゃってますが、こころの感じがなんか、こう、うまく言えないけどなんか違くて、何か大きく変わるきっかけになったかもしれません。
少なくとも、すごく嫌がってた「現実意識の夢への持ち込み」を許してしまった。
きっと「現実はもう嫌な事減っている」と思います。
現実逃避としての夢の役割が、自分にとって少なくなっていると思いますし、実際その感覚は最近減っていました。
これはすごく嬉しい。まわりに感謝です。

・・・

ところで肝心な夢の内容ですが、やっぱり明晰夢を通しても、夢分析はできますね。
現実意識があるのに飛ぼうとしたのは面白いです。
今の自分の世界、殻から飛び出たい思いがあったんだね。

えっ 今明晰夢じゃん!飛べんじゃね!?!!?!?って思ってやってみたんだけど・・・
少し飛べてできそうだったけど、現実の体の重みを突然思い出して疲れてるのわらうヾ(:3ノシヾ)ノシ
理性が働いて、こんな重くて飛べるわけないやろって。
まぁ重さ以前にそもそも人間には飛ぶ機能なんてありゃしないので、そこを気にするとこじゃないし、まだ現実的じゃないとこが夢の世界だね。
ここで飛べてたら、現実でも自由な考えがもっとできるようになると思うな。

そんで始まりだった絵の事なんだけど、これは向上心の表れに思う。
その絵自体もとても良い絵で、素晴らしいと思った。憧れた。
自分の絵はやっぱり改善していきたくて、誰かのアナログイラストを見たら間近で見てどう描いてるのかを見るクセがついてしまって。
それそのものの行動だった。
自分の成長の為に具体的な部分が見たいのに、見れなくてイライラして、どうしても見たい!!!って必死に意識のピントを合わせていくの、
もうなんかこころの底からの本能な感じがすごくて、めちゃくちゃエネルギーがあった。
欲が現実と一致した感がすごかった。すごかった・・・

最近の自分、周りから見てもかなり貪欲に見えてると思います。
そんな自分を自分で感じるのも、なんか「罪悪感」という形で感じ取っていて、それって周りの目の影響なんですよね。
それも、勝手に自分が怖がってる妄想なのですが。
自分はこれがしたいけど、周りからしたらズルくてがめつく見えてるのかな、とか、すんごい気にしてしまう。
でももう本心から頑張りたくて、上手くなりたくて、自分にとって最高の表現をしていきたくて、こう思うのだから、徐々に気にしないようにしていきたいね。

次明晰夢見れたらまた大事件なので書きそう。
日常的に見てる人はすごいな。
逆に明晰夢しか見れなくなったらそれはそれで辛いな。
何も分からんわくわくする夢は、ずっと届けてほしいよぉ

流夢
こねこね2021年05月27日 

こねこね、自分をこねる。何ができるかな。
今から進もうとしてる道って、まぁ楽ではないんだろうなぁと感じる夢を見た。
楽ではないが、土台やエネルギーはある感じ。

・・・

夜、外から帰ってきてマンションのエレベーターに乗って
自分の部屋に帰ろうとすると、自分の部屋がある2階ボタンがなかった。
3階まで行くとなんか綺麗なフロアで、友達もいる。
そして自分がフワフワと飛んでいる。
とりあえず違うので階段で下がる。
2階は殺風景なフロアで、普通のマンションという感じだった。

・・・

忙しくて集中して分析ができないんで一部のみの抜粋と軽い分析になるけど・・・

ちょっと前の日にも久々に空中を飛んで移動する夢を見てて、
それも神様がいるような天空の世界で、自分はそこでひとりぼっちだなと感じていた。
周りは楽しそうだったので自分から話しかけたりすればいいのだけれど、こわくてそれができない感じが、現実の自分と全く一緒だなぁと思った。
この人達とは世界が違うんだ、でも、いいな、みたいな。

このマンションのエレベーターの夢もそうだ。
3階はきれいなフロアだけど、ここは自分のいるとこじゃなくて、ふわふわ飛んでしまっている。
エレベーターも階段使うより楽な手段で、そういう楽な手段では行き来できないよ、という感じなのかな。
地に足がついてないというか、まだ届かない世界みたいな。
その世界を見る事はできているけど、自分の場所じゃない、と思っている。

階段では繋がっているので、その上の世界との繋がりはあるのだ。
その世界を覗いて行くことはどうにかできる。
でもマンションって住むフロア変えるだけでも引っ越しみたいなもんだし、ちょっと手間かかるよね。
今の自分の位置は、ここなんだなぁという感じ。
一応マンションって「住まい」だし、キャンプ地みたいにして、活動の土台はできてるのかもしれないね。
時間帯も夜だったしな。これから明けるしかないんだぜ。
やっぱり今年は急がずに準備をすることにしてよかった。
ゆっくり頑張っていきます。

ちなみにマンションには住んでないです。笑
一時的に住んでいた事はあったけど、まぁこういう事からも、
マンション=一時的な長期通過点、がんばりどころってイメージかな。

・・・

今ね、夢だけのコンテンツをこのサイトから分離させようと思っています。
全く別のサイト扱いにして、夢の事をまとめるサイトを作っています。
といっても、私自身の夢分析は大変個人的な内容ですので、そういった類は今まで通りここに残して掲載していく予定です。
自分の創作も明るいとは言い難く、個人的で気持ち悪いもの描いたりもするので、
夢とは違ってあまり大っぴらにしたくなく、夢のことを伝えていくには、分離させた方が動きやすいなと思いました。

こう言うとかなり傲慢で調子乗ってるなぁと自分で思うのだけれど、
自分で作った夢分析のサイトが検索上位に出てこれるようなサイトを作りたいなと思っています。
夢占いのネット検索、めっちゃ見づらくて、しかも同じような内容で溢れていてすんごい見づらいので、悲しくなってます。
それに、見ててもなかなか夢分析に導線を引いてくれているサイトが全然ないんです。
夢占いをする人にも見てもらいたいので、自分も夢占いに似たコンテンツを作る予定ですが、夢分析に導線を引けるような内容に特化していきたいなぁと・・・
できるのかな・・・(´・ω・`)

・・・

理想を言うのは簡単だけど、実際作るとやっぱ大変です。
夢分析自体も、自分で考えなきゃいけないので、きっぱりした答えのある夢占いを求めて検索している人とは、もしかしたら相性が悪いのかもしれません。
それでもやりたいです。
なんか、夢に対しての誤解の原因ってこういう量産サイトで埋まってて良質な情報が見つけにくいのが原因な気がするんです。
本を見るにしても、占いコーナーには夢占いしかない場合が多く、
良質な夢分析の本は心理学のコーナーにあります。
普通の人はそんなところ行かないでしょう。夢分析という分野を見つけるまでの敷居がちょっと高いんです。

占い的な雰囲気を前面に出すと、逆にそういうのに抵抗を示す人に、なんだオカルトかって思われたくもないので、心理学もちゃんと学んで説明できるようになりたいな・・・
私としてはオカルトも心理学もどっちも大好きなので、バランスよく楽しんでいきたいですけどね!
自分は本をなんとか作れたおかげで、同人誌即売会っていうちょっと楽しい場所から発信できるし、反応も得られているので、需要はあるんだなぁと確信しました。
私が描いた本の内容は、心理学のコーナーの本で見られる内容だったりします。
気になったら一度、本屋の心理学コーナー覗いてみてください!マイナージャンルなので夢分析が無い事も多いですが;;

・・・

なので、まぁこういった活動も強めにしていくので、
創作と夢で2つの顔で活動していくことになりそうです。
ですが、自分の創作の根幹部分が元々夢の世界ですので、この活動を頑張ると創作の質が上がると思うし、創作をする事で情報発信も堅苦しくない形にもできそうなので、相互作用でいいこといっぱいな気がします!
今年はバタつきそうなのですが、楽しんで準備していきます。

ちなみに名義は一緒で、夕飛でどっちも活動していきます。
ただ、夢のサイトの方は、肩書を追加します。
なんか肩書入れると堅苦しくて自由感が減って、今まではいやだったんですよ。
サイトのコンセプトにもある通り、自由な世界が好きなので、自分は何者でもないし、私は私、みたいな、そういう生き方をしたくて。

それでも肩書を使おうと思った理由は、無いと見る側は分かり辛い、信用を得るのに必要と感じたためです。
とりあえず、新サイトの方の活動では「夢読み人/色鉛筆画家」ってことにしました。
今の自分の状態に肩書をつけるなら、こうかなぁと。
(夢占い師は言い方悪いけど胡散臭いしそもそも私は占えない、夢鑑定師や夢分析家はなんか堅苦しいし・・・)
上の絵の粘土のように、やっといびつな掴める形ができたね。笑
今月中には仮サイトを作る予定なので、良かったら見て下さいね(;v;)
(あと5日程度で今月終わるけど大丈夫か)