手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

水晶と黒
お祓いの夢2021年02月23日 

今日から「こわい夢 第3夜」の企画展開始です!
そして、企画展にぴったりな感じの、こわい夢を連続で見ている夕飛です0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_

こんな夢を見ました。


昔の自分の自室。
机の上に、隔離してあった水が入った容器を取り出す。
その水は呪われているようだ。

今の自分が愛用している天然石(パワーストーン)を水に近づけると、
水も石も、黒くなる。離すと元に戻る。
水や石がビリビリと震えて、それが自分の体に伝わり、怖い。

水の入った容器を石で取り囲み、水を真っ黒にする。
白いロザリオのようなものを取り出して、その容器ごと叩くようにしてお祓いを始める。
必死で、自分も苦しい。


とりあえず夢を見た日に、置いてあるほとんどの石を、水で浄化作業してきました。
(最近必死で、お世話が疎かになっていたので・・・)
水や日光がダメな子は、後日月の光にちゃんと当ててあげようと思います。

それはそうと、この呪われた水ってのが気になります。
部屋の感じは自分の中学生の頃のようで、この時から「孤独でも平気」になろうと決め初めていた時期でした。
中二病だったかもしれんが!!!でもこの考えは、この先10年以上も続いていました。
これは今の自分にとって「呪い」となっていて、今も苦しい原因だと思います。
人に頼り辛くて辛いです。人を信じられなくて、辛いです。

水って、普通に雑に密閉容器に入れておくと、悪くなっていきますよね。
そんな感じに似ています。これ、いつの水なんだ・・・
隔離していたってのも引っかかりました。今まで避けていた問題なのかもしれないです。
当時は綺麗だったはずですが、それは当時、そう思った方が生きやすかったし、実際助かっててよかったです。
今は違います。
それでもその気持ちを残し続けて、こうして自分のこころに、悪くなっても残し続けていたのかもしれません。

・・・

天然石は、自分にとっては、自然の産物、恵み、感謝の気持ち、願いです。
この、「孤独を望んだこころ」を不自然だと、黒く反応する事で教えてくれたのかもしれないです。
石をはっきり愛用し始めたのは最近の自分ですし、
今の自分には不自然という事なんでしょうか;
でも、この気持ちは否定したくないんです。
私の生き方の大部分を助けてもらったものですし、本来は怖がり過ぎなので、時々この気持ちが役に立ちます。
けど、最近は過剰に気にして、苦しい原因になっていた気がしました。
先日見た女の子の夢も、それを言っている気がします。

白いロザリオはよくわからないのですが、自分が背負っているものなんですかね。
宿命というか、決意というか。
あっ・・・白いですね。人物ではないですが、「白いもので戦って」います。
自分の夢の中の「白いもの」は、厳格で聖なるもの、人生の転機やきっかけに関わる夢です。
人生の転換期に関わる事になるかもしれません。
お祓い中とても苦しかったですし・・・

結局祓いきれず、疲れて終わってしまったのですが、
問題に取り掛かり始めた感じがあるかもしれません。
時間がかかる感じもありましたし、水がきれいになる事を私も望みます。
(捨てたくはないです。捨てた先で何かをまた呪いそうなので、せめて安全になってから・・・)
こころの大整理が、始まりそうです。笑
もうつまんない事でちぐはぐに苦しむの辛いよ~~~

額装した絵
あとは搬入のみ2021年02月20日 

額装にするとかっこいいなぁ・・・
企画展「君の血は薔薇色か」の準備がほぼすべて終わって、
あとは搬入するのみです。どきどきです(´v`;)

【箱の中のお店】での物販もしますので、そちらのお品書きも一応作りました。
こちらになります。

おしながき

原画のサイズはどちらもA4サイズで、額装で一回り大きくなっております。
写真と実物では見え方が違うので、名古屋に近い方は、感染症対策のうえ、ぜひ見に来てくださいませ・・・!

・・・

それから、ギャラリー展示での本の購入だと、
いつも通販でやっている「しおりの選択プレゼント」ができないので、
それを多少フォローできるように「しおり引換券」をご用意する事にしました。

2/23からのギャラリー企画展「こわい夢 第3夜」から対象になります!
詳しいことは、新しくできた下記のページをご覧ください!

ギャラリーで本を買うと、この引換券が付いてくるので、
リアルイベント時や次回の通販での購入で、しおりの交換に使えます。
「ギャラリーでの購入時に貰えなかったしおりが、時間差で貰える!」
・・・みたいなイメージです。なので、

◆次回購入で本を買った場合は、通常時の1枚に加え、もう1枚プラス
◆通販でポストカードだけを買った場合も、券を利用すればしおりが貰える
◆リアルイベントで何も買わなくても、券を利用すればしおりだけ貰える

・・・みたいな感じに使えます!

また、本すべてに付いてる券なので、複数冊購入の場合は数枚獲得できますが、券を持ってる分だけ、1枚ずつ交換できます。
ギャラリーでの購入は手数料込みでお高いですし、その辺はゆるくしています。
何よりギャラリーで買って頂くと、ギャラリーさんの懐にもお金が入るので、運営ご支援の意味で、ほんとありがたいです!
どんどんギャラリーが閉店する中、こういう発表の場は続いてほしいので;;
あと振込手数料もBOOTHで買ってもらうよりかからないので、嬉しいです!(個人的な欲)

・・・

2月のピクスクイベント、23日からの企画展、
3月コミライの準備の準備、そしてこちらの君血の企画展の準備、一気にいろいろ準備しすぎて疲れました(自業自得)
疲れてひょろひょろです・・・
あとまだ3月に評論系のイベントの準備も軽くあります・・・3月に賭けすぎですね。苦笑
それ以降は特に決まった予定もなく、のんびりペースに戻る予定です。
(気分屋だから、ほんとに落ち着くのかも怪しい)

流夢くんと少女
少女の追跡2021年02月13日 

昨日見た夢。久しぶりの女の子。
あと、流夢くんが出てきた・・・けど、半分明晰夢気味です。
ここで流夢くんいたらかっけーーーーって思ってた気がします。

途中で起きた気がしたけど、意識的に夢を見ていた気が・・・します(曖昧)
私がこういう夢を見るときって、「夢を見ている」っていう自覚だけが抜けがちなので、ほんと明晰夢と言ってよいのか曖昧です;;
起きてからあれは意識的に登場させたり動いてたなーって感じます。
これは長年の夢との付き合い方のクセですね・・・完全な明晰夢あきらめそう。

とりあえず、こんな夢だった。


女の子が、夢の中で力なく歩いていく。
ふらふらと、自覚がないようで、意識があるのか分かり辛い。
枯れ木が多い茶色く暗い道で、その辺りの木の上にいた流夢くんが、女の子を見つける。
気になったので、ついていく。

すると、いつのまにか地獄の入口みたいなところにいた。
門番みたいな人の前で女の子が止まっていて、様子がおかしい。
もう少しで地獄に入りそうだったのを、危なかったので止めに行った。
地獄側にいた男の子のような子が、あぶねー!!!って怒ったような安心したような、とにかくギリギリだったような態度だった。
踏み入れたら簡単に戻れなかったりする場所だというのは分かった。

女の子には悪い悪霊が付いていて、引き止めたら出てきたので、やっつけた。
ギリギリまで分からなかった。


最近地獄の夢を見すぎてる気がします。
もっと自分にとって、「地獄とは何なのか」を、考えた方がいい気がしてきました。

ただ、この地獄の境界線。
向こう側に男の子がいて、来る事を望んでいなかった。
男の子はいつも、こういう暗い場所の番をしてくれている事が多かったです。
この暗い場所に、女の子は来ちゃいけないってことだ。
私もしかしたら、また頑張りすぎて女の子大事に出来てなかったのかもしれない。
(先日頑張りすぎの象徴である、おじさんに捕まって奈落の底に落とされそうになった夢見たし。苦笑)
こういった境界線の夢を見た場合、ちょっと危ないです。
ほんと頑張りすぎる事があるので、コントロールできるようになりたい・・・ちょっとはなってるのか。止められたし。

流夢くんはほんとに意識的にとはいえ、守ってくれる存在として登場させたのは、なんかグッときました。
向こう側からも、自分の意識からも救い出せる力があるんだね私。
ただ、ほんとに危なかったとは思うので、そろそろ少し休もうと思います。
急にバタついて準備とかして、ほんとに頑張りすぎた;;;

「地獄とは何なのか」
自分にとって思い当たる地獄は、やっぱりうつ病だった時期かなぁ。
あれがほんとに人生のどん底だと思っていて、そしてうつ病って頑張りすぎてしまうのが原因だったので、そういうサインだったのかなーって思います。
当時はこういう闇の境界線を越えてる夢をよく見てたんですよね。苦笑
最近また自虐気味でしたし、気をつけたいです。
まだ地獄については考え続けたいと思います。

女の子、何してあげたら喜ぶかなぁ。
とりあえず抱きしめてあげたいから、泣いてもいいし、好きな事して遊んでもいいし、やっぱ辛い気持ちにはさせたくないな。