手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

亨
夜の闇2020年10月03日 

月がきれいですね~。お月見散歩してきました。
自室の窓からもよく月光が差し込むので、月光浴をしながらの睡眠、すごく幸せです。

前回の記事で、家の中の闇が怖い、と書いたんですけど、
外の夜の闇は、けっこうわくわくするというか、大好きです。
閉塞感がないからでしょうね。風も通っていて、遠くの音も聞こえたりする。

ほんとに、月の光の広がる夜は、とても安心します。
昔の人は、この光がどれだけ温かくてありがたかったのだろう。
満月前後の月光って、灯りを用意しなくても、ちゃんと、道とか見えるんですよね。

でも、森の中は本当に暗いので怖い。
それでも、無限にどこまでも空間が続いていて、行き止まりってのがないように感じるから、外は良いです。
家の中とか、建物の中の暗闇って、逃げ道がないからきっと怖いんですよね。
今日のような、月光がある場合は、夜も明るめで外は安心しますが、建物とかはその光も遮ります。
やっぱり、閉鎖感のある場所は、はっきりと「怖い場所」と言えますね。

追いかけられる系のホラー映画とか、ゲームとかも、外と屋内では全然印象が違います。
やっぱり自分は屋内で追いかけられる方が怖いです。
逃げ場所に限りがあるもん!!!
外ならまだどこまでも続いているから、可能性というか希望がみえます。

・・・

そういう意味でも、歪御くんには「狭い場所」という怖い要素も入れ込んでしまっていますね。
封印される前からあまり屋外には出ないタイプで、引きこもりのプロです(?)
そんな歪御くんも、一人の時は、月光はほどよい明るさで好きです。
影は光がなければできませんから、リラックスしてだらけても形を保っていられるんで快適だそうです。
逆に光がない時はドロドロに闇にとけて形がなくなるらしいし、
明るすぎると消えそうになるので気合で形を保つようで。笑

亨くんは、満月のような強い月光は普通に夜出歩きやすくて好きそうです。
あくまで普段は人間と同じレベルの身体能力で、目も特別いいわけではないし。
普段は、鼻と胃袋と味覚だけ甦鬼寄りなのかな。
夜の山の景色を見ていると、亨くんガサガサ動いてるのかなとか、
ふと山から出てくるのかなとか、いろいろ妄想してしまいます。

そういう事も妄想しつつ、もっと気軽に夜の散歩したいけど、
まぁ、普通に危ないので普段はできません0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
夜は人間が寝静まって気配がなくなるので、ほんとに疲れてると落ち着きます。
とにかく夜は暗いので、自分の存在をぼかしてくれるというか、
解放感を感じられつつも、包み込んでくれるというか、
人に認識されたくない時に落ち着く、刺激の少ない優しい時間です。

亨
雨の日2020年06月11日 

傘の日と聞いて、亨くんを。
雨が降ると、亨くんが浮かぶ。

というのは、まだお話描いてないから自分の脳内で済んじゃってるだけなんだけど、だいぶ初期設定の頃から、亨くんは雨の日によく動くっていう設定がある。
小雨じゃなくて、特に大雨の日に。
あんま設定だけ言ってもしゃあないけど、吐き出したいので少し書きます。苦笑

今までの漫画の話からでも読み取れるけど、亨くんが人の遺体を頂く時はだいたい自殺者や身元の分からない事故死の遺体です。
雨の日の事故死、それを希望も絶望も両方抱いて、動き回る。
亨くんはできるだけ生きていてほしいので、まだ助かるなら探したい、だめでも身元が分かれば戻したい。
そういう想いで雨の日を歩く。

傘は山の中では邪魔だし、自分は体を冷やしたいから基本はいらない。
でも人里に降りたら、ずっと傘さしてないと不審だから使う。そんな感じ。
だから基本はちゃんと傘を雨の日に持ち歩く。

まぁ、だから、こんな事を考えているので、雨が降ると亨くん動くんだなぁって、自分の脳内でわいわいしてます0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
雨の後の晴れた日、干からびたミミズとかも拾っちゃう。
雨が降ると亨くん達兄妹は、いろんな意味で大忙しです。
夏なんかは特に天気が目まぐるしいし、命の動きが激しい。大変ですね。

お話描きたいです!!!!!!!

歪御
闇について2020年05月11日 

歪御くんは静かで薄暗い環境が大好き。
音に関してはほぼ無音が大好き。自分の出す音で怖がらせたいからね。

自粛だからというわけでもなく、元々家に引きこもるのが大好きなんですけど、
最近は特に疲れて休日は一切家から出ないという不健康生活を送っている夕飛です。
散歩とか出たい気持ちはある。お山に行きたい。野草は見たい。
でも本当に疲れて動けないのすごく情けない。

今住んでいるお家がわりと閉め切ってると外の音が聞こえなくて、これがたまに変な感覚になる。夜はいいんだけどな。
田舎なので、窓を開ければ山のざわめき、鳥の鳴き声、のどかな音がたくさん聞こえてきます。
夜も夜で、風でざわめく山の音、フクロウの声も聞こえてくる。
すごくいい環境だなぁと思います。
昔住んでいた家は良くも悪くも古くて防音も何もって感じだったので、窓を閉め切ってても外の音がけっこう聞こえてきてました。笑
でもそれが普通だったし、それに関しては不満は特になかった。

そんで、それらの音が、今の家は窓を閉め切るとほとんど聞こえてこない。
人は長時間の無音や暗闇に耐えられないと聞くけど、この無音の感じが嫌だなとたまに思うのはそのせいなのかな。
真夜中に窓を閉め切って部屋を暗くしてしまうと、ほんとに真っ暗、音も自分が立てなければ出ないっていう状態で、これが「闇」って感じなのか~っていう遊びをたまにしてます()
この音がなくなる感じが未だにちょっと慣れなくて、たまぁに嫌だなぁと感じます。
たぶん普通の人間の感覚かなぁと思います。笑

寝る時以外は、無音は勘弁やなぁ。