手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

流夢と夢うさぎ
夢の本2020年11月08日 

次の本に使うイラストの一部です!
印刷の仕様との兼ね合いもあり、全体的に筆ペンイラストがメインになります。

絵本でも漫画でもない、普通の文字を読む本を製作中です。
夢分析について私が好きなだけ語っているものです。
同人誌では、いわゆる評論系に分類される本ですね。
今年中に、新刊としてオンラインイベントで頒布開始できたらいいなと思っています。
早ければ12/12で、遅ければ12/31ですね(ギリギリ)
とにかく12月中には確実にできそうです!

文字を読む、と言っても、なるべく読みやすいように、区切りを細分化し、ぱらぱらとページをめくって、気になった項目だけを読めるようにしています。
なので、ある程度は文字を読むのが苦手だなという人にも読みやすいかなと思います。
(私がけっこうそうなので・・・)
夢分析の説明はどうしても長い文章が多いですが、
それでも既存の夢分析の本の説明よりは簡略化していて、図によるイメージを少し増やして、文字数を少なくしています。
(分かりやすいかはやっぱり自信がないですが・・・)
これを読んで詳しい事に興味がわいたら、ちゃんとした夢分析の本を読んでもらいたいなぁと思って作っていますヾ(:3ノシヾ)ノシ

夢分析がメインですが、後半には自分の創作と夢の関係や、
絵本作品のコメントなど軽くも収録しているので、私の作品が好きという人にも、作品の成り立ちの一部を楽しんでもらえるかなと思います。

また、印刷を孔版印刷で作ろうと思っています。
版画みたいな印刷方法で、昭和くらいだと普通に学校のプリント印刷にも使われていたようですね。
(わら半紙のプリント・・・懐かしい・・・)
そんなイメージのレトロな印刷方法です。
古い時代のような本が作りたくて、かすれた感じの、ガサガサの紙を使用する予定です。
こういう紙って、体温が伝わるのが早く、温かく感じますので、寝ながら読んでも優しい感じになるかなと思っています。
使った事のない印刷でどきどきします・・・
読めれば良いと思ったりもしたんですが、自分が読んでて楽しい本を作りたかったので、装丁も凝ってしまいますね。苦笑

流夢と夢うさぎ
夢孵化について2020年10月17日 

「プロカウンセラーが書いた 自分でできる夢分析 ハイヤーセルフからのメッセージ」
著者:江夏 亮
こちらの本はとても良い夢分析の本ですが、
以前読んでいたのに、正直言うと本当に夢分析に興味をもってすぐに読んだもので、理解が及んでいなかったり、昔に読んで忘れてしまった事とかいっぱいあります。
もう一度読んだら、難しいと感じていた部分も、すんなり内容が入ってきました。
慣れてきてる証拠ですね。

・・・

まず、昔読んだときと自分が違うなと感じたのは、
夢の世界のめちゃくちゃさを冷静に見つめる事に慣れてきた事、
分析を腰を据えてやらなくても、だいたいの意味の雰囲気はすぐ掴める事でした。
元々妄想癖があって、寝る前に好きなキャラの妄想とかしていたので、想像力も良い方かなと思っています。笑

それで、この本の後半の方には、「夢孵化」という夢の使い方の解説があります。
これは、寝る前に悩みや改善したい事などを整理して、具体的な質問を作成し、夢に聞きたい事の答えを持ってきてもらう、というものです。
夢なんてめちゃくちゃなんだから、そんなこと難しいのでは、と思う人は多いかもしれません。
そういう自分も、最初に読んだときは夢分析にも慣れていなかったので、難しそうだし、後回しにしよう、とやっていませんでした。

・・・

ここ最近の記事で、明晰夢に触れていました。
ちょっとやってみたいかも、と思った理由は、自分の離人症を治したいというものでした。
無意識レベルから改善しないといけないので、無意識の産物である夢を操ることができれば、確かに改善できるという理屈はよくわかるのです。
でもこれは自分には、すぐにはできないだろうというのは分かっていました。
その記事でも書きましたが、私は離人症で、現実の意思はある意味弱いですし、長年、夢に逃げる事で、現実の思考をストップさせてストレス発散していたのです。
なので、現実の思考力を持ち込み、これは夢であると気付く事が怖いという、長年の根深いクセがあります。

でも、やっぱり困っているので、何か改善のキッカケになるとっかかりが欲しい。
そこで思い出したのが、先ほどの「夢孵化」でした。
そういえば、明晰夢じゃなくても、夢に聞ける方法が書いてある本があったなぁと。
早速本を引っ張り出してきて、改めて読むと、理解の進みが半端ない。
夢孵化の手順を読んで、これは間違いなく出来る、と思ったので、レベルアップしていたんだなぁと感動しました。笑

・・・

思い立ったが吉日、さっそく寝る前に、悩み事を整理し、聞きたい質問をノートに書く。
寝る前にある程度、自分で心理カウンセリングを行う事が重要。そうする事で、悩みの原因を少しでも事前に明確にしておく。
そして質問の文脈や印象が変わるなら、新しく明確な質問を作成する。
そしてその質問を、まるごと夢の世界にお任せしてしまうのだ。
あとはおねがいしまーす!おやすみ!っていうテンションです。笑
この時に、なんでもいいので、意識の中で、質問を任せる、渡す場面のイメージをしながら寝ると良いそうです。
私は流夢くんになんか黒いスライムを渡しています。笑
わくわくします。
どんな形で夢を送ってくるのかはわからないのですが、その後の分析は私の顕在意識側のお仕事なのでヾ(:3ノシヾ)ノシ
明日の事は明日でいいのさ( ˘ω˘ )スヤァ…

・・・

自分から働きかけるのは同じですが、これなら、明晰夢という意識の訓練が必要な方法は使用せずとも、夢との交流が深くなれます。
もちろんこの方法は、自己分析に慣れている人でないと難しいです。
結局、返ってきた夢を分析するにも、その夢は従来通りめちゃくちゃです。夢だもの。
その夢の分析に慣れないと、メッセージを正しく解読できないので、やっぱり日頃から夢に関心を持って、自分の夢の法則性を分かる必要はあると思います。
(でも興味があるなら夢孵化も同時進行で始めてもいい気がします!)

・・・

今日はストレートに、
「離人症の原因はなんですか」というような質問を投げていたのですが、自分が怖いと思っているそのものの原因が出てきて泣きそうになりました。苦笑
でも、現実ではその問題はもうないはずで、それを私も分かってる、尚且つ自分で聞きに行っていたので、大丈夫だと判断したんでしょうね。
生々しいトラウマの夢です。
あまりにも直接的で、夢のクッション機能が消えていました。
未だにこんなに恐ろしく思って、根深く突き刺さっていたのかと。
夢の中で震えあがっていました。その感覚が寝起きからしばらく続いて、力が入りませんでした。
思っているよりも巨大な闇で、ひどいこころの傷なんだなぁと。
これはきっと、解決に時間がかる。
逆になんか直さないといけないと焦っていたので、時間がかかりそうなので焦らなくて良いという気持ちにもなりました。
あと話せる人にも話そうかなぁとも思いました。
これ一人で抱えてるの辛すぎ。わぁん。

夢孵化はほんとすぐにできたので、しばらくはこれでやっていこうと思います。
はぁぁ夢は楽しいなぁ~

流夢と夢うさぎ
夢占いと夢分析2020年10月11日 

夢占いと夢分析を混同する人がいると思うので、それに対するメモです。
この記事はそのうち夢読みコンテンツに記録しておきたいですね。
あんまりたくさんの人の意見を聞いたわけでも見たわけでもないので、完全な自分の印象で話します。

私は、夢が元々好きだから、夢との距離が近くて楽しめています。
それは誰でも可能で、夢を覚えにくい人は大変だそうですが、そういう方でも、夢を見る、覚えるコツはあるそうなので、やはり興味があるかないかで、夢への関心の薄さや恐怖心が減らせます。

・・・

夢は自分自身で、自分の事をよくわかっている無意識の手紙です。
ただ、その手紙は、現実の自分たちの意識では読み取れない言葉で書かれているので、
解読、すなわち夢分析して夢の内容を理解する必要があるのです。
この「夢分析」を全く知らないという人がとても多いように思う。

それは仕方ないと思う。
多くの人は、少しでも気になる夢を見たら、夢について調べようと思うでしょう。
でも、今のその調べる手段って、みんな何で調べるかと言ったら、たぶんネットで調べるんです。
海の夢、殺す夢、飛ぶ夢、食べる夢、みんな、こういったワードできっと検索をかけるんです。
そうするとどうなるでしょう。
「夢占い」ばっかり出てくるんですよ。
これでは良くないです。
結果的に、当たらなかったりして夢に対して不信になったり、占い結果によっては、夢を怖がります。
(そういう私も結果が怖くて、夢占いを信じずに避けた時期がありました)

それはなぜかというと、ネットの検索で出てくる「夢占い」は、
本当にひとつひとつ、他人に意味を決められたキーワードに当てはめるだけで、
夢の内容を他人に任せて、診断を下してしまう。
完全な人任せ、他人の価値観での判断になってしまうんです。
その夢占いの内容を書いた人は、夢を見たあなたの事をどれだけ分かっていますか?
おそらく、ほぼ、知り合いでもない限り、全く知らない人となるでしょう。

あとこれは完全な私怨ですが、今の時代、夢占いサイト多すぎます。
昔はもうちょっと落ち着いてたのを知っているので、いくらなんでも増えすぎっていうレベルで、見ていてなんか辛いです。
こんなんじゃ凝ったコンテンツ探しづらくて、情報過多で本来落ち着いて探すべきなのに落ち着かず、
余計に夢に不信感や恐怖心、またはめんどくさいからいいや~となる人が増えてしまう気がします。
(余計な心配ですが!)

・・・

ここで、最初に語った言葉を思い出しましょう。
「夢は自分自身」「自分の事をよくわかっている無意識の手紙」です。
つまり、その夢の手紙の内容を一番よくわかってやれるのは、夢を見た自分自身だけになります。
他人を参考にするとしても、本当に身近な親しい人になるでしょう。(または本当の専門家です)
なので私は、夢に興味があるけど結果が当たった事がない、
もしくは不安で怖くなる、という人には、
夢占いの事は一切忘れて、心理学の夢分析の本を読んで頂くのが一番良いかと思っています。
(夢診断・夢判断などいろいろありますが、夢分析という名称なら確実に心理学系のものになります)

おそらく全く違うアプローチの仕方に驚きます。
このサイトでも分析の仕方を掲載していますが、本をお読みになった方が詳しく書かれているので、確実にものにできます。
ただ、夢分析にも弱点があります。
それは、分析するのにとても根気がいる、自分の闇と向き合う事になる、という部分です。
なので、気力もいりますし、自分のこころの闇に向き合う勇気も必要です。
そこまでして夢の事を、自分の事を知るのは恐ろしいと感じるなら、まだその時ではないと思うので、気にしないで、普通に睡眠をとって、悪い夢を忘れる方が良いなと思います。
本当に、やってみたい!と思った時で良いと思うのです。
ただ、夢の事を怖いと思う間は、夢占いは辞めた方がよいです。
夢占いはキーワードを調べるだけで簡単に意味を示してくれますが、それが怖い結果になった場合、余計に苦手になってしまうと思います。

夢占いも、全く参考にならないわけではないんです。
むしろ、夢分析を学んで少しでも取り組んだ後なら、考え方の参考になる事が多いです。
ここをどう解釈したら良いかわからない、という時に、夢占いの辞書を引くと、
解釈の道しるべになりますし、合っていなければ、記載されている以外の考え方をすればよいという消去法にも使えます。
ぶっちゃけ夢占いのキーワードの意味って、わりと著者によって書いている事が違ったりします。
少なからず、著者の主観が含まれています。それくらい曖昧なものなのです。
結局は一番大事なのは、自分が何を感じるかなので、本当に夢占いは参考までにしかなりません。絶対的な結果ではないのです。

・・・

だから、自分自身を理解したかったり、夢に興味があるなら、自己で行う夢分析をめちゃくちゃおすすめしたい。
ただ、自分が嫌いだから夢も嫌い、嫌な事思い出すから夢が嫌い、
という人も会った事はあるので、ほんとに万人に良いとは思っていません。
自分が嫌いってもんのすごいわかるぞ!
嫌な事とか誰でも思い出したくないしな!
それは別に悪いことじゃないからな!仕方ない!

繰り返し私が言いたいのは、夢の内容が事がどうしても気になる、
夢に興味があるのに、夢が怖いと思う人は、絶対に夢分析をしてみてほしいって事です。
特に、悪夢だと思ったものは、分析結果にびっくりする。
めちゃくちゃ夢に対する印象が変わりますので・・・!
それに、夢分析をしてる間は瞑想に近いと思います。
結果がはっきりしなくても、こころが落ち着いていると思います。
夢分析って、自分をものすごく大事に考える行為なんです。
ほんと・・・夢はこわくないよぉ・・・((´・ω・`))