手記

  • カテゴリー

  • 過去記事

流夢
昔が好き2022年05月06日 

★5/5 15:34に拍手を下さった方、ありがとうございました!
元気をもらえます・・・!


またすごい自分語り日記です。

以前の<この日記>で言ってたブラウン管テレビ。
5月6日、本日に迎えできます。笑
無事に動作確認が済んだらゴール・・・ですね。
ワクワクとドキドキが止まりません。
そして今更こんな重い家電なんて頼んですんません。
配送業者さん、梱包して譲ってくださった方、本当にありがとう・・・

ブラウン管テレビの扱いって、今は配送業者さんや方法がけっこう限られてるみたいですね。
梱包・発送が大変だという理由で、手渡しのみのとこも多いみたいだし・・・
けっこう配送までOKなところ探すの大変でした。
自分は21型にしたからそこまで大きくないからよかったけど、
もっと大きい25型以上だと送料えげつないんだろうなぁ。

現代でいうとテレビと言えば液晶テレビですし、
たぶんほとんどの人には、なんで今更ブラウン管テレビなんだよ、
という感じで、自分でも本当にバカだなぁと思うし、くだらないなぁと思う。

でも、やっぱり自分が好きな癒しの空間であった
ゲーム環境にはブラウン管テレビが色んな意味で必要不可欠で、
とりあえず実際にもう一度体験してみて最高なら、私の直感と思い込みは合ってたのかなと自信がつきます。

もう5年は見てないブラウン管テレビのゲーム画面。
液晶テレビだと、レトロゲーに関しては画質の悪さに耐えられなかったけど、どう感じるのかな~

・・・

実はその例の日記での夢分析の為、過去写真を見返している時に、気になる写真がありました。
うつ病の療養のために実家にもどる直前に撮った
一人暮らしのマンション部屋の写真が残ってたのを発見したんですが、
ブラウン管テレビしか撮ってませんでした。
明らかに未練タラタラでおもしろすぎませんか????
数枚撮ってるのに全部テレビなんです。

思い出に撮るとしても、普通もっと他にあるじゃん。
部屋全体の景色とか、マンションからの景色とか、家具の配置とか。
なのにブラウン管テレビだけですよ。ほんとおもろい。

こういうとこから、
写真って自分が当時気になったものとか、
こころが動いたり記録したいと思ったものがよくわかるな、と改めて思いました。
今後、夢分析で過去の検証をする時に写真もよく見て見ようかなぁと思います。

・・・

とにかくゲームは自分の人生の半分以上を占めます。
創作を本格的にやる前はゲーマーすぎて他の趣味はほとんど二の次だったし、
やっぱり何だかんだ形はどうあれ、自分の人生の大半を費やしたものを無視する事はできません。
とにかくここ数年はいろいろ頑張ったし、
ゲーム欲を制御できるようにもなったし、
たぶんゲームを息抜きの手段に加えてもきっと大丈夫、と思ったのも大きいかもしれません。

ほとんど遊んじゃダメと自制して、ここ数年は控えていました。
だってゲームしてたら絵が物理的に描けないじゃない???
だからあまり遊ばないように遠ざけていましたが、
環境が変わった影響で息抜き環境が足りなくて、
頭空っぽにして楽しいっていう気持ちを思い出せない問題が出てきちゃったので、
そうだゲーム、と思い出しました。

・・・

恥ずかしいですが、昔はゲーム欲出てきたら抑制きかないくらいやりすぎる傾向があったので・・・0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
(子供の頃はゲームやりすぎてめっちゃ怒られてました。笑)

落ち着いたのは歳を取ったからじゃないの?と思われるかもだけど、
まぁそれもあるでしょうが、
今もやろうと思えば平気で1日ぶっ通しでできちゃったりするので、
やっぱ頭おかしいレベルでゲーム好きなのは変わっていません・・・
直近で昨年夏にポケモン緑のクリアまでのRTAをして遊んでたくらいにはゲーム好き魂は健在です。
(RTA=リアルタイムアタック)
直近で長時間遊んだのは夏か・・・

子どもがゲーム楽しくてやめられないのって、
心理学ちょっとだけかじったあとだと、
理性が大人に比べて弱くて制御がへたくそ、って理由がありそうで、まぁかわいいなと思いました。
大人でも楽しいのに、子どもが夢中になってしまうのもうなずけます。
ゲームをめぐって子供が怒られるエピソードが多いけど、こうして大人になってくんだなぁと思った思い出の一つになりました。

逆に言うと、理性が強すぎる今の自分には、
楽しい気持ちを直接呼び起こしてくれるゲームは大事かもしれないとも思いました。
ゲーム無しでもある程度気持ちのコントロールもできるようになったし、
今なら丁度良く遊べるでしょうヾ(:3ノシヾ)ノシ

・・・

それにしても、自分は本当に昔を大事にしますね。
夢の自主研究の為に古書も集めるけれど、とにかく昔のアンティークなものとか空間が大好きで、すんごい落ち着きます。
骨董品とか最高ですよね。見てるだけでおなかいっぱい。
ゲームももちろん、ファミコンとか置いてあるレトロゲーム屋さんが大好きで、癒されます。

レトロゲームっていうとファミコンとかその辺の感じだけど、個人的には第一線から退いたDSや3DS、WiiU等ももう懐かしい部類です。
時代の最先端から退いたものは、個人的にはもうレトロなもの、という気持ちでいます。
パソコンもローカル限定でネットには繋ぎませんが、WindowsXPまだ使ってます。笑
これじゃないと動かないのとかあるので・・・
使う度に懐かしく、尚且つ楽しい気持ちも思い出すので、重宝しています。

・・・

歴史の話も面白い。
といってもあんまり教科書で習う表面上のものはそこまで好きじゃなくて(必要だけど)
庶民の生活や文化とか、そういうのを見るのが好きです。
最近資料館とかもっと行きたいなぁという欲が強い。

なんで好きなのかわかんない。
これ子供の頃からなので、何か憑りつかれてるのかな()
おばあちゃんちの古い時計、棚の食器、親の写真、アルバム、思い出話、全部面白いし、恥ずかしいけどもっと聞きたい。
昔の家電の話とか、ものの値段の話、デザインの話、本当に面白い。
そして、そういう風景を写真や実物、建物で見たり、お話を聞いて、その時代の景色を想像する。
これがまためっちゃ面白い。
レトロゲームをブラウン管テレビで遊びたいってのも、これに関連します。
昔はこんな風景で遊んでたんだー!ってなれますよね。

なんか、案外自分のまわりは過去のことにそこまで深い関心はなくて、
なつかしいな~くらいで止まってる人の方が多いんですよね。
やっぱ自分へんなんだろうな。
自分の知らない時代のものも、もっと知りたいと思うし、それがとにかく面白いんだもの。

夢占いの夢の辞書でも、古書が面白いのはそのせいかもしれない。
ぶっちゃけ、現代ではほとんど使えない迷信混じりの辞書なので、
普通は要らないと思います0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
でもめっちゃ面白い。
当時の人の価値観とか文化を知れるし、本当に夢の本の古書は面白い。

・・・

こういう、「昔が好きな自分」を大事にしていけたら良いなと思いました。
けっこう時代遅れだったり、流行りについていけないことに最近悩んでたりしてたんだけど、
自分の好きだと思うものを放っておいてまで、
無理して追う事ではないなとも思い直しました。

そしてそれは、自分のこころに対しても。
自分の過去の歩みを大事にしようと思えば、
きっと繋がっている今の自分も大事に、自信も持てるようになる気がします。
いろいろ慌て気味なこの頃だけど、
いったん「自分の好き」でまたこころを満たして、落ち着きを取り戻したいです。
ぶっちゃけMPが足りてないって思うこの頃です0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_

夢うさぎとテレビ
ゲームの夢2022年04月26日 

最近の近況報告みたいな日記です。
夢の話と現実の話を混ぜて話すので、ややこしかったらすみません。
長いですヾ(:3ノシヾ)ノシ

ほぼ1か月、体調を崩しまくって、
4/3のイベント以降ろくに動けていなかったのですが、
メンタルしにながらも、なんでこんなにメンタルしんどいんや?って久しぶりにぐるぐる考えていました。

ぶっちゃけ、春のめちゃくちゃな天気のせいで
メンタルの落ち込みが出ていたんだと思いますが、
それだけでこんなにしにたくなるような事も最近なかったので、疲れがたまってたんだなと自覚しました。
本当にダメな時こそ、自分の本音が浮き出てきます。

夢も色々見てるし、ほとんど記録しています。
その中でずっと気になってる夢があって、
簡単にどんな夢かというと、
「昔の実家のとある強調された位置に、重い真っ黒なものが溜まっている」
というものだった。
そして、その後の夢はゲームに関する夢がたくさん現れた。

・・・

長い前置きになりますが、
夢を語る為にまず語らなけらば説明できない事があります。
個人的な思い出話になりますので、退屈でしたらすみません。

今、昨年環境が変わった事もあると思いますし、まだまだ生活に慣れてません。
細かい違いにいらいらして、無駄に消耗する事も多いです。
環境が変わった、という部分で、
未だに慣れてない気持ち悪いところを整理すると、
昨年の環境変化より以前の、もっと数年前の事も思い浮かびました。
それを思うと、今の環境には明らかにあるものが一つ欠けていると感じた。

数年前、元々一人暮らしをしていたのですが、
うつ病で実家に帰るという変化のタイミングがありました。
この時にめっちゃ後悔してる事が2つあって、そのうち1つはまぁ終わった事なのでしょうがないなと割り切っています。

問題なのはもう1つの方。
他人からしたらめちゃくちゃしょうもないって分かってるし、
客観的に見ても自分でもしょうもねぇなって感じなんですが・・・
そのしょうもないものが、けっこう大事だったんじゃないかってよく思い返すようになっています。
っていうのは、最近見る夢がほとんど子供の頃の昔の実家関連の夢で、
子どもの頃の実家に、何か置いてきてしまってるんじゃないかって懸念です。

何度か日記で言ってるけど、私はゲーム大好きです。
特にレトロゲームが好きで、まぁわりと筋金入りで気に入ったゲームを繰り返し遊びつくすタイプです。
そして、うつの改善補助に最も役立ってくれたのがゲームです。
絵を描くのが怖くなっていたほどだったのに、
創作の元気が戻ってきたのだってゲームのおかげだし、
大げさに言うと社会復帰できたのもゲームのおかげです。
メンタル回復におおいに役に立ってくれるほど、大きな存在です。

・・・

そんで、一人暮らしが終わるまで、
今は滅びかけてる「ブラウン管テレビ」で遊んでいました。
今みたいに薄くない、箱みたいなテレビです。
WiiUとかPS4とか、HDゲームが蔓延ってる時代にですよ。
ブラウン管テレビで某色塗りゲームとかやってました。笑
HDゲームは遊びにくかったけど、
どっちかというとレトロゲームを実機で遊ぶ回数の方が圧倒的に多かったので、別にいいかと思ってました。
いつも当たり前にあって、普通のことだと思っていました。

このブラウン管テレビは、私が子供の頃から使っていたもので、
もともとは一時的に新しいちゃんとしたテレビが入るまで、
つなぎとして家族のリビングで使用していたものでした。

その後もう少し性能の良いテレビがリビングに置かれる事になったので、
(それもブラウン管テレビ)
捨てられそうだったのを、私がもらった感じです。
そのままずっと利用していました。
人から使ってなかったものを譲り受けたものでもあったので、
まぁまぁな年季が入っているものの、元気な現役ゲーム用テレビでした。
長い付き合いだったと思います。
友達とゲームをする時も、家族がゲームをしに部屋に遊びに来る事もあって、
ゲームは私の交流の原点とも言えていました。

・・・

どうしても実家に帰らないとどうしようもなくなった時、
新築で建て替えた実家の部屋の大きさの事情で、
ブラウン管テレビは手放す事に決めてしまいました。

ブラウン管テレビって、大きいので場所を取ります。
奥行サイズだけで40cm前後はあるものがほとんどだったのでは。
物理的に厳しいサイズだったので、持って行くのは断念したのです。
あとうつでメンタルしんでたので、判断力も終わっていたのが大きかったと思います。
自分の個人的なこだわりで家族に迷惑かけちゃいけないって思っちゃったんですね。

・・・

その後すごく後悔し続けています。
マニアックでオタクな事情ですが、
レトロゲームがブラウン管テレビでないとしんどい理由はたくさんあります。

・ドット絵の美しさを感じにくくなること
→液晶テレビだと滲み表現が緩和されて、画面なんか違うし汚い・・・

・操作の応答速度に問題が出ること
→液晶テレビでは今までの感覚で違和感が出る事
(フレーム単位の誤差なんすけどね・・・アクションは致命的)

・画面のアスペクト比が違うので余白が気になる
HDゲームは16:9の今の液晶テレビでいいんだけど、
レトロゲームは4:3の比率で作られているので余白ができ、
画面いっぱい表示の没入感がなくなってしまう

その他どうでもいい個人的なマニアックな事情がいろいろありますが・・・
(ブラウン管テレビの起動中の音が落ち着くからすき、とか、懐かしい環境でいつでも子どもに戻れる、とか)
とにかくレトロゲーっていうジャンル自体がめっちゃ好きなので、
ただ単に遊べればいいだろ、って感じじゃないんです(めんどくさい人)

これらの問題が気になって、実際レトロゲームを遊ぶ回数が減ってしまいました。
私の好きだった「レトロゲームを遊ぶ時間」が変わってしまったので・・・
応答速度に関しては、まぁ現行ゲーム機も遊びたい気持ちはあったし、
だいぶ遅延緩和できるレグザの液晶テレビを購入したんですけど、
それでもレトロゲームに関しては気になる面が多すぎて、
遊ぶ頻度が本当に減ってしまいました。

・・・

その後創作に打ち込むので、
ゲーム自体の回数も意図的に減らしていた部分はありますが、
「遊びたい時に落ち着く好きな環境で遊べない」という状態
何度もしんどいなと思う事になります。
ゲームを遊んで最も落ち着いていた環境を、自ら捨ててしまったんだなと、ずーっと後悔しています。

ゲームなんて手段問わず遊べりゃ一緒じゃないの?と、
思われるだろうと思うし、私も客観的に見てそうだと思うから、
しょうもないなぁと思うのです。
自己肯定感があまりに低かったうつ病期間は、
そんなしょうもない事情って自分に言い聞かせていましたし、
それでもブラウン管テレビ・・・と、
幽霊がささやくように何度もぼやきます(未練タラタラ)
そのしょうもないこだわりの環境が、ものすごく癒しになっていたんだなぁと、失って気付いた感じです。

そして今それが爆発しそうになっています0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_
実家から出て引っ越して、今は部屋の広がりがあるので、
ブラウン管テレビは置けそうになったので、再購入にやっと現実味が出てきました。
上手く息抜きができない状態がそろそろ限界で、
メンタル落ち込む時間も増えてきたので、なんとかしたくて早急に欲しいです。

・・・

さて、長い前置きでしたが、冒頭の方で
「昔の実家のとある強調された位置に、重い真っ黒なものが溜まっている」
という夢を見たと言いました。

この実家のとある位置って、
具体的にはどういう場所なんだ?と自分でも考えを巡らせました。

正直、建て替え前の家の状態って夢に出てくるものの曖昧で、
その位置に具体的になにがあったとか、ぼんやり思い出せずにいました。
たまたま建て替え前の写真をたくさん撮っていて、
それをぼんやり眺めながらも、肝心のその位置をしっかり写す写真だけがないのは爆笑もんでした。笑

まぁでもだいたいの位置に何があったかは分かりました。
そう、手放したブラウン管テレビが最初にあった場所に近かったです。
まぁ自分にとっての出会いの場ですね。
厳密には夢の中では外だったんですが、コの字に壁が家側に窪んでいたので、テレビの位置で間違いないでしょう。
家の中にない、外に出してしまって、重くて真っ黒。っていう状態でした。

・・・

その場の構造や状態を事を思い出してみる。

【実際の昔のテレビ周りの状況】
・テレビの後ろはすぐ壁で、壁の反対側は外。
・雨漏りとかしてた事もある。
・掃除されにくいので埃や悪い気が溜まりそうなイメージ。
・長い間テレビの位置、という事には変わりない。ゲームをする場所でもあった。
・その位置の丁度上、二階に自分の部屋の物置棚があった。
(事情であまり触れなかったけど子どもの思い出いっぱい)

【夢の中の状況】
・テレビは確認できてないけど、位置はそう。
・コの字の外壁のくぼみなんて実際は無い。外に出てる感じで狭そう。
・めちゃくちゃ邪悪な感じで近づくとやばそう。
・やばいのはそこだけで、家の中や二階は大丈夫。
・二階の外に悪霊が来てたけど、レトロゲーム周辺機器で退治していた(?)

これに関連するテレビと家の位置に関する
自分の悩みを絡めるというと、ブラウン管テレビ問題しか思い浮かばないです。
短絡的かもだけど、長年ぶつぶつ悩んでたのはホントのことですしね。

そこだけぽっかり凹んで、外に追い出してる状態なのは、
自分が遠ざけちゃった印なのかもしれません。
出会った頃から私がずっと連れて来ていたゲームテレビを手放して、
家という「こころの世界の外」の存在にしてしまった。
でも気にはなってるから、密着してマイナスエネルギーでこちらを引っ張る。
その結果、ブラウン管テレビ・・・と未練タラタラでぼそぼそ言い続けてきたわけです0(:3 )〜 _(‘、3」 ∠ )_

この夢の前の場面で実は
「超常現象でも現実手段を用いて対処するお医者さん」が出てくる場面もあって、
これって都合よく考えると、
「夢の中のやばいものでも、現実(物理)手段で対処するといいのでは?」と解釈できました。
物理的に買おうブラウン管テレビ・・・

・・・

あとこれは余談ですが、
よく思い出のものを捨てると、こころに空洞みたいなものができたり、
虚無になるっていうような話をいろんなとこで聞きますが、
たぶんこういうのと一緒なんだろうなと思います。
私にとってブラウン管テレビってのは、子どもの頃からの付き合いで、大事な癒しの空間づくりの儀式だった。
ゲームそのものというか、「子どもの頃の安心する環境」を夢に見るほど欠乏しているのかなぁと最近思います。
そしてその子供の頃の気持ちは、私の作品作りに大事なものでもある。

最近ゲーム自体控えめなのは仕方ない部分もありますが、
メンタル的に自分の軸がブレそうになるほど、
好きなゲームを遊ぶのを控えてるのは苦しいかなぁと感じています。

レトロゲームの良さの一つに、
今のゲームと違って、ゲーム開始までのハードルが低いというものがあります。
ゲーム機のホーム画面表示がない、チュートリアルが厳密には無いとか、
ロムカセットの場合は電源入れた時のロードが短いとか、
最初のロゴ表示がすぐ終わるとか、とにかくスッと始められる。
遊びたい!と思った時にすぐ遊べて、気持ちの切り替えにうってつけなわけです。
自分がそうなだけなので、今のゲームが好きな人にとっては、そんなの気にならないと思うけどね;

遊びは大人になっても大事にしないといけないですね。
ほんと最近それを身に染みて感じています・・・
私は完璧な大人にはなれなかったよ。
でも、子供の気持ちを大事にして創作をする人生にしていきたい。
好きなものを遠ざけると、なんかこころがひもじくなってるのを最近すごく感じてます;
長い自分語り夢分析を読んで下さり、ありがとうございました!

生二
寝込みと夢の本2022年04月21日 

★下記の時間に拍手を下さった方、ありがとうございます!
力になります😭

・4/16 15:50
・4/17 23:48


一回よくなったけどまた体調を崩してしまって、横になる時間が増えてる・・・
春の不安定な気候にやられてるのかな。ひー
前の低体温と違い、今度は微熱が続いて辛いです。
本当に絵の生二くんみたいな状況で動けない。
ほんとうごけねーーーー体調不良がおともだち(:3[___]

・・・

それはそうと、最近また少し夢に関する古書が増えたんだけど、
やっぱり夢についてあれこれ自分なりに研究するの楽しいです。
夢を見るのも好きだけど、古い夢占い本や評論本を買って読むと、その時代当初の背景が反映されていて、歴史を感じて大変面白いです。

自分で考えるのが楽しいんですよね。
夢の歴史的な研究って、けっこう夢分析関連の本でも解説されていますけれど、
やっぱり実際の古書を見ると、当時の雰囲気に触れられるので、楽しいです。
うわー!これを見て夢占いする事もあったのかなー!って、わくわくします。

最近の古書だと、
「吉凶夢判断秘傳書(昭和5年)」
「西洋夢判断(大正6年)」
「夢判断実験書(明治41年)」
・・・という3冊の本が手に入りました。
どれも太平洋戦争前に作られたもので、当時でもこういう占い的な書籍が自由に出版されていたと思うと、比較的豊かだったんだなぁと思いました。

・・・

当時の様子を知りたくて、
最近は戦前の様子が分かる写真とか、生活用品などを見てしまいます。
特に昭和初期って、戦後の豊かな雰囲気と遜色ない感じで、なんか不思議な感じがします。
復興が本当にかなり早かったんですね・・・

昔の夢占いの項目を見ていても、
今だと使われなくなった言葉や道具とかあるので、
どういう用途で使ってたのかなとか、どんな使い方だったのかなとか、夢の意味の理解を少しでも考えるのが楽しいです。

貧困差はもちろん今以上にあっただろうけど、
こういう人たちが本を読んで、夢占いの参考にしてたりするんだろうなぁって、歴史に想い馳せて切なくなっています。

・・・

今までだと、暦の神宮館とか神栄館とか、
占い師の方面からのアプローチの本が多くてそれを手に入れてたんだけど、
「吉凶夢判断秘傳書(昭和5年)」と「西洋夢判断(大正6年)」は、
それらの日本古来の占いとは違う観点の物書きさんが書いたのかな?という感じです。
どちらも西洋文化に影響された内容でした。
西洋文化に興味を持って、積極的に学んでたのだなぁと感動します。
しかし、どちらの本も、まだ夢判断で有名な心理学者フロイトの名は出てきていません。

西洋の夢占いの話となると、現代では当たり前に取り上げられる
有名人フロイトですが、まだ一般に広まっていないのがなんか不思議な感じです。
というより、精神医学者等の心理学者系の人しか、まだ知らなかったのかなぁって印象です。
フロイトの名前が夢占い系の一般書籍に出るようになったのって昭和20年代後半くらいなのかな?
戦後に一般人に知られるようになった事は確実のようです。

今回、それぞれの本で、軽い感想を書こうかなと思います。

・・・

「夢判断実験書(明治41年)」は、
今まで手に入った本では最古の発行年数でした。
従来の夢占い本でしたが、他の夢占い書籍と比べて夢の単語掲載量が非常に多く、読んでいてとても楽しかったです。
114ページって、古い夢判断書の中ではダントツに多いです・・・!

単純に内容が充実しているのは楽しいので、
時々取り出して夢の吉凶解釈をしてみようかなぁと遊んでします。笑
フロイトのような考えがない従来の日本の夢占いだと、
どうしても「意味の解釈」というよりも、
「吉凶判断」という運試しに近くて、ちょっと不安を持ちやすいのが惜しいなぁと思います。

古い夢判断の吉凶判断の理由背景を知りたくて、
前述したような昔の道具や生活の様子を知ろうとしているのですが、
いろいろ価値観の違い、変化の発見は楽しいので、まだまだ個人研究していこうかなって思います。
古い夢占い本たのし~!

・・・

「吉凶夢判断秘傳書(昭和5年)」は、
西洋的な占いと掛け合わせた楽しい夢占い本でした。

名前こそイカついですが、内容は少女的でかわいらしい夢占い本です。
表紙や挿絵に、ハートマークとかもある。
現代で分かりやすく言うと、
なかよしとか、ちゃおとかの少女漫画雑誌の
付録にありそうなコンテンツ
です。笑

占いを実践してみて、ああーーーんかわいいーーーー!!!ってなりました。
かわいいんですよ!!!!!まじ!!!!(突然の叫び)
えっ当時の乙女はこんな夢占いする可能性もあったの・・・?ってときめきが止まりませんでした。

この本は今まで見た事がない夢占い方法で、
「花占夢判断」という独自の方法を編み出しています。
花占いの部分はフランスのパリで当時流行していたものを利用しているらしく、
西洋の夢判断の内容と従来日本の夢判断を総合して、独自で作られた占いみたいです。
熱意がすごい!!!

占い手順は下記の流れ。


1.最初のページに、見た夢文章リストが載っているので、近い夢を探し出し、書かれた番号を控える。
2.夢索引の後に、いろんな花の名前が入ってる木の絵がありますので、
こころを落ち着けて目をつむり、
先の長いものでランダムに絵を指します。(ダーツみたいな)
3.目を開けて、指してる花の名前を確認
4.見た夢の番号と花の名前を参考に、夢索引から結果番号を探し出す
5.該当番号を見て、夢の吉凶と簡単な意味をチェック!


2番の手順のダーツ的なの部分のおかげで、
占い寄りながらも当時としては画期的な
意味が一定ではない夢占いを楽しめるようになっています。

これやっててすごい懐かしくもなりました。
子どもの頃って、ゲームブックみたいなアナログ遊びの書籍で遊んでいたので、それで遊んでいる感覚になりました。
そう、なんかゲームに近いので、とにかく楽しめます。
夢を楽しむ姿勢、だいすきです・・・!
昭和初期もこういう遊び心のある本いっぱいあるんでしょうね。
ちゃんとたくさん占われていたのか、花の木のページだけめっちゃ汚れてました。笑
わかりやすく年季が入ってるのがほほえましい。

まぁ、合ってるかは別にして、すんごい楽しいです。
夢の文章リストにない夢の場合は占う必要もない夢としていますが、一応巻末に雑夢として吉凶判断載せておいてもくれています。

戦前の本では珍しく「刀」単体の単語がありませんでした。
というより、どちらかというと「物」の単語の意味が少なめであり、
「夢の行動」に重みを置いて柔軟に対応ができるようにしてる感じがしました。
刀は無くても、「切る」という意味なら、いろんな夢場面に使えますよね。
こらぁ力作の夢占い本だぜ・・・ヾ(:3ノシヾ)ノシ

もう一つ、ギリシャのものを参考にした花占いも付録として付いています。
めっちゃかわいい乙女本でした・・・はふはふ(きもちわるい)

・・・

「西洋夢判断(大正6年)」は、文字通り西洋の夢判断の辞書です。
当時のアメリカの夢占いを元に翻訳をしたものです。
と言っても、あまりに日本に馴染みのないものは省き、
実際のものは違くても近い意味のものに当てはめたりして記載するとあり、
なるべく使えるように工夫がなされていました。

当時のアメリカの時代背景を知らないので、
詳しい事はまだよく分かりませんが、
フロイトの経歴を軽く見るに、まだアメリカでも、夢と心理学の結びつきの考えはなかったのかなぁと思います。

フロイトがヨーロッパで1900年に発行した夢判断の本も、
現地ではなかなか売れなかったらしいし、批判も多かったみたいだし・・・
現地でそんなだったのに、日本はおろか、世界に広まるにはまだまだ時間がかかるのは仕方なかったんだろうなと。
この本の時点で1917年だけど、まだフロイトの名が出てきていません。笑

アメリカって世界的にいろんなものが進んでるイメージがあったけど、ヨーロッパとどっこいどっこいだったのかな。
(というか西洋人が渡ってきてできたのがアメリカだから普通そうか)

本の内容は、ちょくちょく日本のものと意味の解釈が違うなぁと感じて、面白い部分もあります。
日本だといい意味だった「小刀」はなんか損失関連で悪い意味しか書かれていないけど、日本独自の意味だといい意味が多いんですよね。
おそらく「ナイフ」的なものを代替して翻訳したのかなぁ。

あと、殺す夢もいい夢としての解釈が多いのが通例ですが、
この本では「不幸」とあります。
鼻血とか出血系も、損失的な意味での悪い意味が比較的多いかなと思いました。
なんかアメリカ及びヨーロッパの時代背景って、当時どんな感じだったんでしょうね?

一応ヨーロッパの科学的な発展に伴って、
夢なんてオカルトもう信じられるかーって
一度忘れ去られそうになってたらしいけど、
もしかしたらそのせいで、価値観が大昔で止まってるのかもしれませんし。
(夢の辞書の意味が更新されずに、おとぎ話な立ち位置になってるって意味で)
海外でも昔に夢占いの本って出ていたのか、ちょっと気になりましたヾ(:3ノシヾ)ノシ

なんかまた新しい楽しみ方を知る事ができたので、見る事ができてよかったです!

・・・

これらの本の感想を、また月花庵できれいに詳しくまとめたいけど、全然更新進んでないのつらい・・・
夢の本は癒しです。
また合間に読んで癒されたい。